Today's PICK UP

テイクアウトモバイルオーダー導入店への満足度調査が公開 「オペレーション軽減」が最大の効果という結果に

株式会社dinii (以下、ダイニー) は、2018年より「テイクアウトモバイルオーダー:ダイニーfor」を展開。現在は飲食店内での非接触を実現する「モバイルオーダーPOS:ダイニー」を全国に展開している。
【テイクアウトモバイルオーター:ダイニーfor 導入満足度調査 第1回】

【業績について】2020年4月-6月
出典元:プレスリリース
90%の店舗でテイクアウト売上を増加することができたものの、店内売上の減少で売上全体として昨年対比100%を超えている店舗は見られなかった。
出典元:プレスリリース
テイクアウト販売に関しては98%の店舗が継続すると回答。モバイルオーダーで受注することのメリットや有効性は以下のような意見があった。
出典元:プレスリリース
多くの店舗で「店舗のオペレーションの軽減」「お客様の利便性向上」などの回答があった。

【モバイルオーダーについて】
出典元:プレスリリース
調査概要
・調査形式 : インターネット調査によるアンケート
・調査対象:「テイクアウトモバイルオーター:ダイニーfor 」導入店
・回答者:マネージャー/店長
・回答数:152店舗(エリア/業態問わず)

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。