Today's PICK UP

スターバックス、ワークスペースも併設する店舗を銀座にオープン 変化するワークスタイルに合わせた働き方を提案へ

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は2020年7月30日(木)、銀座に「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」をオープンすると発表した。
はたらく人のための「夢中になれる場所」をコンセプトにした店舗の2階部分は、特にビジネス利用を意識し、株式会社Think Labと、スターバックスそれぞれの持つ特長的なサービスを踏襲し、共に創り上げたユニークな空間だという。予約可能なブース席やミーティングスペースなどビジネスユーザーへの快適さを追求した「SMART LOUNGE」と、アイウエアブランドJINSの集中研究から生まれた究極のソロワーキングスペース「Think Lab」が共存する店舗とる。

ひとりで集中して考えたり、人とつながりアイデアを共有したりし、創造する。オンラインミーティングに快適なブース席や組み合わせ自由なテーブル席が用意された「SMART LOUNGE」と有料制のソロワーキングスペース「Think Lab」を店内に取り入れることで、コーヒーを片手に「Co-Work(コワーク)」と「Solo-Work(ソロワーク)」を選択できる特長ある店舗空間で、変化するワークスタイルに合わせた新たな「はたらき方」を提案するとのことだ。
出典元:プレスリリース
・1階だけで、クイックなTOGO(持ち帰り)体験。モバイルオーダー&ペイも対応
スターバックスの本格的なドリンクやフードを取りそろえた1階で商品の注文と受け取りが完結でき、クイックなカフェの利用が可能だ。キャッシュレス支払いにも対応するほか、事前に注文決済できるスターバックスの「モバイルオーダー&ペイ」の受け取り用の専用カウンターも設置。デジタルを活用した非接触で、スマートかつ安心な購買体験を提供する。

・2階フロアは、「夢中になれる場所」。集中、そして、創造の空間。
<Co-Work(コワーク) by Starbucks>
人とつながり、アイデアを共有し、創り上げる

テレビ電話などに適した予約できるブース席
予約可能な半個室のブース席が4席あり、テレビ電話などで人とつながり、意見を交わすことも、オンラインミーティング前の思考整理にも適している。40分単位で予約でき、事前の確保も可能だ。この席の予約システムは、株式会社バカンと共同開発したサービスを採用している。

複数人でのミーティング、商談可能なテーブル席
窓際のテーブル席はテーブルを組み合わせて、2~12人のミーティングや商談、ディスカッションに便利だ。リラックスした空間で、自由に議論を交わし、ブラッシュアップできる。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
<Solo-Work(ソロワーク) by Think Lab>
自分の知を深める最高の集中体験「Think Lab」

解放される“ひとり”のためのパーソナル空間
集中に最適なスペースの広さ。誰とも目線が合わない空間。他人の動きが気にならない導線。自分の時間を過ごすことに重点を置き設計されている。

科学によって導き出された五感要素
植物、自然音、気温・湿度、照明、オリジナルアロマなど、エビデンスに基づきソロワークに必要な五感要素を科学。集中しやすい環境を提供する。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
ひとりの時間を予約するアプリケーション
必要なのは欲しい時に、欲しい場所に、ひとりの時間が確保されていること。Think Labのアプリで自分の時間を予約することで、新しいはたらき方を提供する。

コワークスペースは、電源ありのカウンター席やディスカッションに最適なビッグテーブルなど多彩な客席を備えている。さらに、最高の集中環境を提供する、ソロワーキングスペース「Think Lab」を導入することで、オフィスや自宅でカバーできない「夢中になれる場所」の実現を目指す。Think Labでは、「集中を予約する」べく、予約/解錠/決済を一括で行うスマホアプリ「Think Lab」(iOS / Android)を用意しており、15分単位での席予約ができるという。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事