Today's PICK UP

KADOKAWAグループ、「グローバルeスポーツマーケットレポート 2020」を発売 世界のeスポーツ事情を解説

株式会社KADOKAWA Game Linkageは、世界eスポーツ市場の調査レポート『グローバルeスポーツマーケットレポート2020』を2020年に7月31日に発売すると発表した。本レポートは、同社提携の海外ゲーム市場調査会社・Newzoo発行の調査レポート『Global Esports Market Report 2020』を日本語翻訳したもの。
『eスポーツグローバルマーケットレポート2020』では、欧米や中国・韓国をはじめ、急成長する東南アジアや中南米、中東・アフリカといった各地域のeスポーツ事情を解説し、市場規模やオーディエンス規模、大会賞金などeスポーツに関する豊富なデータを掲載。Newzooが30ヵ国以上で運用している調査パネルから収集した市場・消費者動向や、同社と提携する多数のプロeスポーツチームから得たさまざまな情報を中心に、精度の高い推計と予測を導き出している。

また、急速に拡大するモバイルeスポーツを大きく取り上げているほか、都市としてのeスポーツ活用法、デジタルネイティブを対象とした新しいマネタイズ、リーグビジネスのメカニズムといった最新トピックスを掲載。勃興する米国のカレッジeスポーツ(大学生のeスポーツ大会)や、日本のeスポーツ市場についても紹介している。そのほか有力タイトルのイベントカレンダーや、タイトル別視聴時間、国別eスポーツ人口といったランキングも収録されている。

■掲載データの一例

・2020年世界eスポーツ市場規模は、9.74億米ドル。堅調に成長し2023年は約16億米ドルに。
出典元:プレスリリース
・2020年世界eスポーツ収益源の約7割はスポンサーシップが占める。
出典元:プレスリリース
『グローバルeスポーツマーケットレポート2020』 概要
発行:株式会社KADOKAWA Game Linkage
編集:Newzoo
翻訳監修:KADOKAWA Game Linkage マーケティング部
発売日:2020年7月31日
価格:750,000円+税
言語:日本語
ページ数:本文131ページ(PDF)
付属:数値データ(excel)
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。