Today's PICK UP

航空会社の感染対策をスコア化し航空券の検索結果に表示する取り組みが開始 旅行者の要望に応える

スカイスキャナージャパン株式会社は、各航空会社による新型コロナウイルス感染症対策の評価スコアを航空券の検索結果に表示する取り組みを開始した。
出発地・目的地や日程を入力して航空券を検索すると、検索結果に表示されるそれぞれの航空券の下部に、「新型コロナウイルス感染症対策の評価」としてスコアが表示される。このスコアは、「①乗客にマスク着用を義務づけている」「②機内を毎日清掃・消毒している」「③乗務員がマスクや手袋などの個人防護具(PPE)を着用している」「④除菌シートなど乗客向けの衛生用品を配布している」「⑤個包装にするなど、感染症対策のために機内食を変更している」の5項目について、該当の航空会社がいくつ実施しているかを点数化したもの。

さらにスコアの数字部分をクリックすると、具体的にどの項目が実施されているのかが表示される。これにより旅行者は、航空券を検索する段階で各航空会社の感染症対策の概要を簡単に把握し、旅の選択に役立てることができる。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
この「新型コロナウイルス感染症対策の評価」は、航空会社格付けサイト「AirlineRatings.com」との連携によるものだという。評価スコアは同サイトが世界の400以上の航空会社から収集した情報に基づいており、定期的に更新される。日本の航空会社についても一部でスコア表示を開始しており、段階的に対象を拡大していく。なお現在、この評価スコアはスカイスキャナーの全言語のサイト(PC版のみ)で表示している。

今回の取り組みは、スカイスキャナーが実施した旅行者へのアンケート調査で、安心して航空券を予約するために重要な要素として「乗客や乗務員の健康を守る対策がされているか」「機内の清掃状況」などが上位に挙がったことから実施したものとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。