Today's PICK UP

映像解析AIを活用した検温サービスが提供開始 カメラで撮影した画像と検温結果をプリントアウトする

株式会社フューチャースタンダードは、新たなサービス「AI検温パスポート」の提供を2020年8月13日より開始すると発表した。

■「AI検温パスポート」について

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を活用し、サーマルカメラで撮影した画像と検温結果をプリントアウトできるサービス。顔認証AI技術により事前に登録した従業員等の本人確認も可能だ。「AI検温パスポート」を活用することで、従来サーマルカメラ周辺やWebサイトで確認していた検温結果を検温した本人が持ち歩き提示することが可能になり、何度も検温する手間を省くことが出来る。活用シーンとして、複数の入口があり各店舗で検温を実施している商業施設、入口にスタッフ配置が難しいライブハウスやWeb環境の持ち込みが難しい建設現場等、出入りが激しく煩雑になりやすい場所で有効性を発揮するという。
出典元:プレスリリース
なお、機器単独で利用する単独モデルと、クラウドに検温結果をアップロードするNWモデルの2つのパターンの選択が可能。NWモデルはLTE通信機能が付属されている。

サービス利用料金
単独モデル/NWモデル
初期費用:450,000円(税別)
月次費用:10,000円(税別) ※NWモデルのみ

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。