Today's PICK UP

VRやAIチャットを活用したスマート体験農園が会員募集を再開

株式会社Rootは、①年6回の旬のお米・お野菜の配送、②畑での毎月無料の収穫体験、③田んぼや畑の「いま」をウェブサービスからコンテンツとしていつでも楽しめる、スマート体験農園『Root Farm あしがら』の会員サービスをリニューアルし、募集を再開した。
新規の募集は配送収穫会員(¥24,000/年)を最大30組のみとし、2020年8月時点ではあと10組ほどの申し込みを受け付けている。会員が自身の区画を設定し、自分の区画のサポート付き栽培を楽しめるマイブロック会員(¥36,000/年)は、前年からの継続希望の人のみに案内しているという。

畑では、夏はじゃがいも、かぼちゃからスイカやメロンまで、冬は人参、大根、白菜やニンニクなどを収穫できます。年六回の配送もあわせて、全て農薬不使用。畑の場所は、東京都心から車で1.5時間ほどの神奈川県南足柄市にある。駐車場とレストハウスを備えており、収穫の際には休憩や料理なども楽しむことができる。また大人気のヤギ一家もいる。

スマート体験は、はたけあそびネットから、画像動画VRなどの畑の映像コンテンツ、気象データ分析、開花や収穫予測シミュレータ、野菜やヤギとのAIチャットなどを楽しむことができる。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。