Today's PICK UP

VRやAIチャットを活用したスマート体験農園が会員募集を再開

株式会社Rootは、①年6回の旬のお米・お野菜の配送、②畑での毎月無料の収穫体験、③田んぼや畑の「いま」をウェブサービスからコンテンツとしていつでも楽しめる、スマート体験農園『Root Farm あしがら』の会員サービスをリニューアルし、募集を再開した。
新規の募集は配送収穫会員(¥24,000/年)を最大30組のみとし、2020年8月時点ではあと10組ほどの申し込みを受け付けている。会員が自身の区画を設定し、自分の区画のサポート付き栽培を楽しめるマイブロック会員(¥36,000/年)は、前年からの継続希望の人のみに案内しているという。

畑では、夏はじゃがいも、かぼちゃからスイカやメロンまで、冬は人参、大根、白菜やニンニクなどを収穫できます。年六回の配送もあわせて、全て農薬不使用。畑の場所は、東京都心から車で1.5時間ほどの神奈川県南足柄市にある。駐車場とレストハウスを備えており、収穫の際には休憩や料理なども楽しむことができる。また大人気のヤギ一家もいる。

スマート体験は、はたけあそびネットから、画像動画VRなどの畑の映像コンテンツ、気象データ分析、開花や収穫予測シミュレータ、野菜やヤギとのAIチャットなどを楽しむことができる。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。