Today's PICK UP

神戸で街を舞台にしたリアル体験型トリップゲームが実施

株式会社DIIIGは、同社が提供する体験コンテンツマーケットプレイス「DIIIG」が、神戸の街を舞台にしたリアル体験型トリップゲーム「KOBE&(コウベアンド)」に採用されたと発表した。アプリ「DIIIG」を使ってミッションの提供や、ポイントの付与、報酬の交換などを行い、再整備が進む「えき=まち空間」に人の動線を作る。

■「KOBE&」の特徴

出典元:プレスリリース
1.神戸の街に「ミッション」が発生
再整備が進む神戸三宮駅周辺の街の変化を追ったり、ナビゲーターがオススメする最新スポットを巡ったり、神戸の街をリアルに体験できるミッションが発生。複数のミッションをコンプリート(すべてクリア)すると特別な報酬がもらえるイベントミッションも不定期で登場する。

2.現在地から一番近いミッションをマップ上で確認
アプリ内のMAPでミッションが展開されているスポットを表示。待ち合わせまでのちょっとした空き時間や、その時の移動ルートに合わせて「今体験できるミッション」がリアルタイムで確認できる。

3.神戸をより楽しむための「報酬」
ミッションをクリアするとポイントがたまり、そのポイントはさまざまな「報酬」と交換できる。例えば、神戸の観光施設を周遊できる「KOBE観光スマートパスポート」や、「神戸市内のホテル宿泊券」など、さらに神戸での魅力体験を促すご褒美(プレゼント)を用意する。

■「KOBE&」誕生の背景

神戸の玄関口「三宮駅」周辺では、6つの駅とバス乗降場と街をつなぐ空間を「えき=まち空間」と名付け、再整備が進んでいる。「KOBE&」は神戸市の地域商業活性化支援事業(3年型)を活用し、三宮のエリアマネジメントに取り組む一環として誕生。「えき=まち空間」を中心に街の回遊性を高め、「情報」だけでなく「体験」を提供する今までにないプラットフォームとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。