Today's PICK UP

JTBとセールスフォース・ドットコム、地域DX推進のための「包括的連携・協力に関する協定」を締結

株式会社JTB、株式会社セールスフォース・ドットコムは、地域経済のデジタルトランスフォーメーション(DX)を共同で推進するべく、包括的連携・協力に関する協定を締結したと発表した。
これにより、両社は、新型コロナウイルスがもたらした急速なDXの流れを日本各地域の経済活性化の実行手法として拡大し、地域社会の持続可能な発展を支援する。また、地域と都市部との間で拡大するデジタル格差を解消するため、最先端のクラウド基盤をベースに、さまざまなオンライン技術を活用し、オフラインと融合させた地域創生を目指す。あわせてJTBは、セールスフォース・ドットコムの公式コンサルティングパートナー契約も締結し、本協定における各種取り組みを効果的に進める体制を整えるという。

■目的

JTBとセールスフォース・ドットコムは、統合型クラウド基盤であるSalesforceを活用し、観光ビジネスを中心に、各サービス分野と連携した地域でのデジタルビジネスの創造を支援し、持続可能な地域社会の発展につなげる。そして、「地域から世界へ」というスローガンのもと、地域と世界とをつなぐDXを進める。

■JTBにおける本協定への取り組みの意義

JTBは、観光産業のデジタル化やマーケティングの実行による、地域の経済発展とデジタルビジネスの創造のため、セールスフォース・ドットコムと提携した。将来の観光産業の活性化を担うデジタル人財の育成を推進すると同時に、地域経済における各種事業のDXと、横断的データ活用、その先の地域CRM(顧客関係構築)などを包含した人と地域がつながる、持続可能な地域創生を目指している。

■セールスフォース・ドットコムにおける本協定への取り組みの意義

セールスフォース・ドットコムは、クラウド技術の啓発を通して、平等で多様性のある社会の実現と、地域創生に貢献することを目的に本協定を締結したという。同社では、地域と都市部との間で拡大するデジタル格差を解消する上で、地域DXの推進と、人財の育成がもっとも重要だと考えているとのことだ。将来的には、地域と世界をつなぐ人財の輩出を支援したいと考えているという。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。