Today's PICK UP

「Hello Tech カオスマップ」の2020年版が公開

Spready株式会社は、個人のユーザーがオンライン上で「はじめまして」の個人と出会えるサービスをまとめた「Hello Tech カオスマップ」の2020年版を公開した。

■カオスマップ作成の背景

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、企業の6割はテレワークに移行し、ビジネスの交流を目的としたイベントやカンファレンスは中止やオンライン開催となり、個別の交流を目的とした会食も緊急事態宣言下はほとんど中止、緊急事態宣言解除後も数が減ったことは飲食店予約サービスの発表などからも明らかだ。対面(オフライン)での初めての出会いは新型コロナウイルス感染症が拡大し始めた2020年3月頃より減っており、個人の社会関係資本に大きく影響を与えている。

一方で、この状況を受け、ビジネスマッチングなど、個人が初めての出会いや交流が出来るサービスは新しく誕生あるいは既存サービスもオンラインに完全移行しているサービスがほとんどだという。同社は、「やりたいに出会い続ける世界をつくる」ことをコーポレートミッションに掲げ、そのためには個人にビジネス上の新しい出会いが多いことが必要だと考えているとのことだ。個人のユーザーがオンライン上で「はじめまして」の個人と出会えるサービスを運営する会社として、多くのユーザーにオンライン上で「はじめまして」の出会いを増やすことができるサービスを紹介し、そこで生まれた良き出会いやつながりを広めることが必要と考え、今回の「Hello Tech カオスマップ」の2020年版作成に至ったという。

■「Hello Tech」サービスの定義

・個人のユーザーがオンライン上で「はじめまして」の個人と出会えるサービスであること
・スポットコンサルやクラウドソーシングなど、一時のタスクで繋がる出会いではなく、出会った後も関係を希望すれば続けることが出来る出会いであること
・恋愛を前提とした出会いではないこと
上記を前提に22サービスをまとめた。
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。