Today's PICK UP

渋谷区、官民連携プラットフォームで産業支援 「動画配信プラットフォーム」と「ファッションECサイト」を今秋ローンチへ

YOU MAKE SHIBUYA クラウドファンディング実行委員会は、コロナ自粛によりダメージをうけた渋谷カルチャーを支える2つの産業(エンターテイメント・ファッション)への支援として、動画配信プラットフォームとファッションECサイトを今秋にローンチすると発表した。
コロナ前は平均約300万人の人々が訪れ、住民とともに経済を支えていた渋谷の街だが、緊急事態宣言以降、”自粛の象徴”となり、81%(※内閣官房ホームページ 令和2年4月14日更新)の来街者が減少した。With/Afterコロナにおいては、今までにはない経済モデルが求められている。YOU MAKE SHIBUYA クラウドファンディング実行委員会は、この新しい時代に合わせた官民連携のプラットフォームを軸とした産業支援を始動する。

エンターテインメント産業支援は、動画配信が利用できるサービスとして、渋谷区公認(仮)の配信プラットフォームを構築。文化的な活動をしている団体や個人を対象に、次世代のエンターテインメントを渋谷から全国に発信したいと考えているという。コロナ以前、渋谷には多種多様な才能が集まることで常にカルチャーが生まれてきた。With/Afterコロナにおいて、リアルの活動が制限される中、発信する場を創出したいと考えているとのことだ。まずは、区内の文化施設へのライブ配信設備投資からはじめ、ゆくゆくはライブ配信の映像演出などをサポートするだけでなく、集客やチケッティング、物販などアーティスト活動にまつわる様々な要素を包括的にまかなえるサービス支援を目指す。様々な企業やサービスとの連携も視野に入れ、今秋開催予定の「SHIBUYA CULTURAL LIBRARY」(9月29日(火)、10月2日(金)、3日(土)開催予定)や渋谷音楽祭(10月17日(土)・18日(日)開催予定)などから実験的な運用を進める。

ファッション産業に対しては、渋谷・原宿エリアを中心に街全体を繋げたファッションのお祭り「SHIBUYA HARAJUKU FASHION FESTIVAL」(以下、シブハラフェス)と連携し、渋谷区公認(仮)のECサイト「YOU MAKE SHIBUYA EC(仮)」を10月17日(土)にオープンする。このECサイトは、渋谷区内のアパレルブランドやショップ、デザイナーが対象となり、初期費用を抑えることで参入障壁を下げ、集客やプロモーションをECサイト主体で行うことで、小規模なショップでも出店しやすいサービスを目指す。また国内だけでなく海外の大手ECサイトへ出店を予定している。本サイト始動にあたり、シブハラフェス内で、リアルな場と連動したオンラインファッションショーを開催予定だという。

■オンライン配信環境の整備

渋谷から発信されるエンタメをサポートするため、オンライン配信環境整備を支援する。渋谷区内の文化施設へのカメラ設備導入などを検討し、さらに遠隔制御できるネット環境、カメラ操作、スイッチングが可能な環境を常備や導入支援のアドバイスすることで、感染リスクを最小限にする。
出典元:プレスリリース

■配信プラットフォームの構築と連携(企画制作サポート)

配信する映像制作と企画を用途に応じて支援していきます。現地造作を最小限にすることで、映像の表現力をアップや制作コスト、転換時間の削減することができます。更には機能がカスタマイズできるビューアーポータルサイトを構築することで、配信イベントを効率化し、利便性を向上させます。既存の配信プラットフォームとの連携も行なっていくことで、最適なソリューションを推奨します。
出典元:プレスリリース

■エンターテインメント発信の場の創出

渋谷区公認の仮想空間「バーチャル渋谷」、そのほか既存のオンライン配信チャンネルなどといったデジタル空間と、区内の文化施設などリアルな空間を並行して活用し、アーティストや実演家の活動の場として提供する。9月末からのSHIBUYA CULTURAL LIBRARY、SHIBUYA HARAJUKU FASHION FESTIVALでのオンラインファッションショー、渋谷音楽祭などから実験的にスタートしていく予定だという。
出典元:プレスリリース

■YOU MAKE SHIBUYA EC(仮) 構築

渋谷区内のアパレルブランド・ショップをECモール化。「街のEC」というキュレーションで、個性的な渋谷らしい商材を国内の消費者に向けて発信。「ここでしか買えない」「ここが一番お得に、ここで買うと+αのちょこっと良いこと」をキーワードにコロナ時代に即した渋谷らしいショッピング体験を提供する。

<出店者メリット>
・一般的にかかるECモール初期費用が不要(参入障壁の撤廃)
・大手ECモールと同様に商品を送るだけで、EC業務をすべて委託することが可能(業務負荷の軽減)
・ECショップ主体でのプロモーションによる新規ユーザーの獲得(集客施策コストの軽減)

ECサイト名:
YOU MAKE SHIBUYA EC powered by SHIBUYA HARAJYUKU FASHION FESTIVAL
ローンチ時期:2020年10月17日(土)予定
出店対象:渋谷区に店舗があるショップ、渋谷区のショップで取り扱いがある、またはショー発表している国内デザイナーやブランド
出店募集時期:2020年9月上旬予定
出典元:プレスリリース

■SHIBUYA HARAJUKU FASHION FESTIVALオンラインファッションショーの開催

渋⾕区公認(仮)配信プラットフォームとの連動により、デザイナーやモデルの機会の創出、 オンライン上での配信、演出からEC連動まで提供予定。新しい形のショーを渋⾕から発信する。

参加対象:調整中
開催時期:2020年10月17日(土)、18日(日)予定(SHIBUYA HARAJUKU FASHION FESTIVALと連携)

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。