Today's PICK UP

「大学オープンイノベーション75選カオスマップ(2020年版)」が公開

eiicon companyが運営する事業活性化メディア「TOMORUBA(トモルバ)」は、2020年9月1日(火)、全国の大学にて取り組んでいるイノベーションをまとめた「大学オープンイノベーション75選カオスマップ(2020年版)」を作成し、公開した。

■TOMORUBA「大学オープンイノベーション75選カオスマップ(2020年版)」概要

これまで国内におけるオープンイノベーションといえば、「大企業×スタートアップ」の組み合わせが一般的だったが、近年「企業×大学」の組み合わせによる産学連携が大きく注目を集めている。昨年開催された内閣府主催の「第1回 日本オープンイノベーション大賞」では、「弘前大学×マルマンコンピュータサービス×花王」の3法人によるプロジェクトが内閣総理大臣賞に輝いている。

日本の大学はそれぞれが優れた研究シーズを抱えている。しかしながら実際に社会実装されるケースはごく稀だという。そこで今回、全国の大学にて取り組んでいるイノベーションの拠点を都道府県別にまとめた「大学オープンイノベーション75選カオスマップ(2020年版)」を作成・公開したとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。