Today's PICK UP

松竹・LINEら、映画・演劇や映画館・劇場のDX推進を目指す「松竹DXコンソーシアム」を設立

松竹株式会社、LINE株式会社、及び株式会社Sprootは、映画・演劇等のコンテンツや映画館・劇場等のDX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進とマーケティングの高度化を目的とした「松竹DXコンソーシアム」を設立すると発表した。
近年、エンタテインメントにおける「リアルの場で人と共感する」という体験は多様化し、オンライン(デジタル)との連携は活発になり、様々なコンテンツが次々と生まれている。しかし、新型コロナウィルス感染症が流行し、オフライン(リアル)のコミュニケーションが閉ざされ、エンタテインメント業界は深刻な打撃を受けた。予定されていた公演の多くが中止され、急遽オンラインへ置き換えられ、これまで特別だったオンライン配信(公演)が当たり前の時代になった。

今回、三社で設立する「松竹DXコンソーシアム」では、リアルをオンラインに置き換えるだけではなく、オフラインとオンラインの融合(OMO)を推進し、新たな顧客体験を創造する。先ずは、映画館のDXの推進、顧客データベースの集約と分析によるカスタマージャーニーの可視化より、顧客に対し高価値な映像体験の提供を目指す。オンライン配信におけるマーケティングの高度化により、オフラインに近い体験を実現する新たな配信サービス等を実現し、顧客満足度の一層の向上を図る。

松竹が展開する映画・演劇・お笑い等のエンタテインメント・コンテンツと映画館・劇場等の施設、LINEのプラットフォーム・先端技術及びデジタルマーケティングに関する知見、Sprootのエンタテインメント関連ビジネスのデジタル化ノウハウを融合し、エンタテインメント業界のDXを牽引することを目指すとのことだ。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。