Today's PICK UP

KDDI、eスポーツの甲子園で選手の表情・熱量を届けるリアルタイム配信を実施

KDDIは2020年9月19日から9月22日にオンライン形式で開催されるeスポーツの甲子園「STAGE:0」の決勝大会にて、自宅や部屋から選手のプレイ中の表情をリアルタイムに配信する「MULTI VISION by au」を「STAGE:0」と共同で実施すると発表した。
出典元:プレスリリース
「MULTI VISION by au」の配信映像は、テレビ東京のゲームバラエティYouTubeチャンネル「TOKYO eSPORTS HIGH!」、テレビ東京系ゲーム番組「有吉ぃぃeeeee!」のYouTubeチャンネル、「STAGE:0」公式Twitter、テレビ東京公式Twitch、スポーツブルにて生配信する。

また、決勝大会のフォートナイト部門において、ゲーム画面や高校生選手画面など5画面を同時配信する「マルチアングルライブ動画」や「STAGE:0」入門向けのスペシャルムービー3編をauスマートパスプレミアム会員限定で配信する。
出典元:プレスリリース

■「MULTI VISION by au」について

「MULTI VISION by au」は、Xperia、Galaxy、AQUOS、OPPO、ZTE、TORQUEのサポートにより、高校生選手にスマートフォンを配布し、自宅や部室からリモートで決勝大会に参加する様子を、KDDIのテクノロジーを通して配信する取り組み。選手たちはスマートフォン端末からビデオ会議アプリケーション「Cisco Webex with KDDI」を利用し、プレイ中の姿をリアルタイムで配信することができる。また、視聴者は選手のゲームプレイ画面に加えて、選手の姿や表情を、配信を通して楽しむことができる。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。