Today's PICK UP

東京海上日動、オンライン商談手続きを導入へ

東京海上日動火災保険株式会社(以下、東京海上日動)は、2020年12月から「オンライン商談手続き」を導入すると発表した。Web会議アプリを利用した保険の提案・説明から、スマホ等による契約申込み手続きまでの全てをオンライン上で行い、シームレス・ペーパーレスで快適に手続きを完結できる取組み。

■背景

新型コロナウイルスの感染拡大により、損害保険業界においても、非対面での保険の説明・提案や契約申込み手続きを希望する顧客ニーズへの対応が求められている。同社では、従来からWeb会議アプリを利用した保険の提案や説明を実施していた。一方、契約の申込み手続きについては、提案・説明とは別に、紙の申込書を送付した上で、署名・捺印または Webでの手続きを行っており、オンラインで商談を行いながら、シームレス・ペーパーレスに申込みを完結する仕組みはなかった。

■今回導入する仕組み

Web会議アプリを利用して提案・説明をした後に、同社から顧客にQRコードやメールにて申し込み手続きが完了できるURLの案内を行う。顧客は案内されたQRコードやURLにスマホ等からアクセスすることで、契約の申込み手続きまでのすべてをオンライン上で行うことができ、シームレス・ペーパーレスで快適に契約の手続きを完結できるようになる。
【対象契約】 自動車保険契約(個人の契約に限る)
【対象範囲】 新規・更新の契約
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。