Today's PICK UP

音声認識による文字起こしエディタ「もじこ」にAmiVoice Cloud Platformの音声認識APIが採用

株式会社アドバンスト・メディアの音声認識開発プラットフォーム「AmiVoice Cloud Platform(アミボイス クラウド プラットフォーム)」にて提供しているAmiVoice 音声認識APIが、株式会社TBSテレビが開発した文字起こしエディタ「もじこ」に採用され、吉積情報株式会社にて販売が開始された。

■音声認識による文字起こしエディタ「もじこ」とは

「もじこ」とは、TBSテレビが開発したAI音声認識技術を使った「文字起こしエディタ」サービス。テレビ・ラジオ業界では日々、多くの文字起こしが行われているが、非常に手間のかかる作業である為、番組制作の現場では大きな負担になっていた。そんな文字起こし作業を減少させ、負担を軽減する事を目的に開発されたとのことだ。「もじこ」は、取材した音声・動画ファイル等の素材を、音声認識エンジンを活用して、素材長の実時間をかける事なく自動でテキスト化する。誤認識は専用のエディタで人間が即座に「修正・編集」する事が可能だ。また、番組制作の現場での利用を前提に、タイムコードとの連携・サムネイル画像の表示・話者の設定・メモの挿入等の機能を搭載しており、どなたでも直感的かつカンタンに操作できる。
出典元:プレスリリース
「もじこ」は、認識したい音声の種類や用途等に合わせて、音声認識エンジンの選択が可能だ。今回、「AmiVoice Cloud Platform」にて提供しているAmiVoice 音声認識APIが「もじこ」に採用された。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。