Today's PICK UP

アプリ不要の「ぬりえARサービス」が提供開始

株式会社palanは「ぬりえWebAR」の提供を開始したと発表した。催事企画等、ニーズに合わせた導入の相談が可能だという。

■「ぬりえWebAR」の概要と体験の流れ

「ぬりえWebAR」はアプリのダウンロードが不要。スマートフォンのブラウザだけで簡単に楽しむことができる。
[1] まずはぬりえ台紙を用意(※ぬりえ台紙のデザインは都度相談の上、制作可能)
[2] ぬりえが終わったら、台紙にあるQRコードをスマホで読み込みカメラを起動する
[3] カメラで自分が描いたぬりえ台紙を読み取ると、自分が描いたぬりえキャラクターがARで出現。台紙の外に飛び出して画面内を動き回る。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■「ぬりえWebAR」の特徴

・デザインや体験イメージはクライアント企業の予算・納期に合わせ制作可能
・Webブラウザ上で完結させることができ、アプリのインストール不要
・アプリと比較して早く、安価かつ早期に制作可能

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。