Today's PICK UP

アプリ不要の「ぬりえARサービス」が提供開始

株式会社palanは「ぬりえWebAR」の提供を開始したと発表した。催事企画等、ニーズに合わせた導入の相談が可能だという。

■「ぬりえWebAR」の概要と体験の流れ

「ぬりえWebAR」はアプリのダウンロードが不要。スマートフォンのブラウザだけで簡単に楽しむことができる。
[1] まずはぬりえ台紙を用意(※ぬりえ台紙のデザインは都度相談の上、制作可能)
[2] ぬりえが終わったら、台紙にあるQRコードをスマホで読み込みカメラを起動する
[3] カメラで自分が描いたぬりえ台紙を読み取ると、自分が描いたぬりえキャラクターがARで出現。台紙の外に飛び出して画面内を動き回る。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■「ぬりえWebAR」の特徴

・デザインや体験イメージはクライアント企業の予算・納期に合わせ制作可能
・Webブラウザ上で完結させることができ、アプリのインストール不要
・アプリと比較して早く、安価かつ早期に制作可能

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。