Today's PICK UP

オンライン診察プラットフォーム、AIによる本人確認システムを導入へ

ネクストイノベーション株式会社が運営する、オンライン診察プラットフォームアプリ「smaluna 」(以下 スマルナ)は、個人および医師他のなりすましや虚偽の申告による利用を防止する観点から、新機能としてAIを活用した本人確認システム を実装すると発表した。(2020年12月予定)
新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言下の外出自粛の影響を受け、スマルナでのオンライン診察によるピルの処方数や相談数の増加がみられており、新型コロナウイルス感染症拡大が受療行動に大きな影響を与えていることがわかったという。スマルナでは、ユーザーより寄せられる声などを定期的に分析し、感染拡大抑止と相談者の安全確保を最優先に、一人ひとりの状況に応じた対応をしている。しかしながら、オンライン診療の広がりとともに、以下に例示するような個人のなりすましや虚偽の登録による転売を未然に防ぐ仕組みの重要性も同時に高まっているとのことだ。

【具体的な事例】
(1)登録時の住所が本人確認書類と全く異なる架空の住所を記載して登録が行われたケース
医師からの運営事務局への問合せにより発覚した、このケースでは診察のたびに身長・体重などが明らかに異なる数値で記入されており、診察室内での医師とのやりとりにおいても、矛盾した発言が多く見られた。よってなりすましと判断し、アカウント保有者に対し警告とアカウントの削除を行った。また、これらのアカウントの不正利用については、明らかに競業他社と思われる、ユーザーを装ったアカウントによって行われているものも複数あった。このようなアカウントの不正利用をしたと疑われる当該企業に対しても書面による警告を行った。

(2)診察時の医師の判断により処方に至らなかったユーザーが、申告内容を変更することで異なる医師での処方を目論んだケース
スマルナでは、安心安全な医療体験を提供することを目的に、ユーザーからの許可を得た上で、医師間で情報を共有できる仕組みを導入している。そのため、過去の経緯や医師や助産師・薬剤師とのやりとりを踏まえた上で、継続的な医療体験を提供することができる。実際に、相談室での相談内容と過去の診療録との比較の中で乖離による疑義が発生し、相談室の助産師・薬剤師からの運営事務局への問い合わせにより発覚している。このケースは、対面診察としての既存の医療体験の中では発見することのできなかった事例と考えられ、医療のデジタル化におけるユーザーの安全性を担保できる具体的なケースと考えているという。

■従来の本人確認と新機能「AIによる本人確認システム」について

・従来の本人確認
スマルナ初回利用時の本人登録において、運転免許証や健康保険証(顔写真なしは2種類)などの本人確認書類の画像を撮影しアップロード、厚生労働省のガイドライン「オンライン診療の適切な実施に関する指針」に則った本人確認を行なっている。

・AIによる本人確認システムを用いた本人確認
スマルナ初回利用時の本人登録において、運転免許証や健康保険証(顔写真なしは2種類)などの本人確認書類の画像を撮影する際に、同時に本人確認書類を手に持った本人の顔写真を撮影しアップロード、本人確認書類が真に本人であるかの確認をする手法だ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。