Today's PICK UP

企業の「インダストリー4.0化戦略」を支援するグローバル組織が設立

SAPジャパン株式会社は、企業のインダストリー4.0化戦略の具現化を支援するグローバル組織「Industry 4.Now HUB TOKYO(インダストリー・フォードットナウ・ハブ・トウキョウ)」を設立したと発表した。
Industry 4.Now HUB は、日本のほか、ドイツおよび米国の計3拠点で設立された。各拠点のエキスパートが国を越えて、PoC(概念実証)だけでなく、その先のプロジェクトも含めて、顧客のインダストリー4.0化戦略の具現化を支援する。

現在、多くの企業がインダストリー4.0化を重要な経営課題と捉えているが、その取組みは依然としてPoC段階の企業が大半で、PoC後の拡大展開戦略も描けていないという。さらに、インダストリー4.0化の取組みは、組織的にもシステム的にも製造現場の中に閉ざされ、情報が分断されているのが実状だ。しかし、この情報の分断を解消して現場からマネジメントまでの垂直統合を実現し、営業、サポート、マーケティングなどのフロント業務、コストや調達リスクの低減、働き方といった側面も含めて最適化し、全社的に効果を最大化していくのが、本来のインダストリー4.0のなすべき価値だ。そのためSAPでは、今年から、企業のインダストリー4.0化を再加速させるためのプログラム「Industry 4.Now」を推進しており、企業による取組を具体的に支援する組織として、今回、Industry 4.Now HUB TOKYOを設立したとのことだ。

Industry 4.Now HUBは、以下の活動によって顧客のインダストリー4.0化を支援する。

・具体的なショーケースを含むワークショップを通じた企画化支援
実際にインダストリー4.0化したケースを示すとともに、リアルおよびバーチャルなワークショップを通じて問題意識の顕在化やアイデアの創出につなげる。今回、日本においては、三菱電機株式会社と協力して、東京・大手町の共創イノベーション施設SAP Experience Center Tokyo内にショーケースを用意。このショーケースでは、ダブルシートバルブを製造販売する製造業を想定し、バルブヘッドユニット組立工程における顧客注文時選定仕様の連携と製造現場における協働ロボットの活用について紹介する。具体的には、OPC-UAに準拠したSAPソリューションと、Edgecrossに対応した三菱電機の産業用PC、シーケンサ、協働ロボットを連携した。

・SAP Industry 4.0対応製品の学習機会の提供
全社的なインダストリー4.0化は、多くの企業がいまだに取り組んでいない領域であるため、適切な人材を育成していくことも非常に重要だ。これに対して、Industry 4.Now AcademyによってSAPのナレッジを提供することで、人材育成も支援する。

・オープンなアライアンスパートナーによる包括的なソリューションの提供
インダストリー4.0化には、業界・業種の枠を超えたオープンなエコシステムも重要だ。SAPは、インダストリー4.0の取組みを共同推進する世界的なアライアンスであるOpen Industry 4.0 Allianceに創立メンバーとして参画している。Open Industry 4.0 Allianceは、1業種1社のような制限や加盟費もなく、営利を目的としない完全にオープンなアライアンスで、多様な業界・業種の企業が60社以上参加している。日本企業からアライアンスに参加している富士通株式会社は「Industry 4.Now」にもいち早く賛同しており、今後のショーケース拡充の協力をはじめ、製造業における豊富な経験・ノウハウを活かした日本発のインダストリー4.0の推進を支援するという。

人気の記事