Today's PICK UP

NTTドコモら、マルチベンダーRANによる5G周波数帯のキャリアアグリゲーションに成功

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、富士通株式会社、日本電気株式会社(以下、NEC)は、5G通信規格の国際標準化団体O-RAN Alliance(以下、O-RAN)の仕様を用いた異なるベンダー間の5G基地局装置を相互接続したマルチベンダーRANによる、5G周波数帯のキャリアアグリゲーションに成功したと発表した。
キャリアアグリゲーションに成功したのは3.7GHz帯と4.5GHz帯の5G周波数であり、LTE周波数帯も束ねて使用できるデュアルコネクティビティと合わせると、下り最大4.2Gbpsの高速データ通信が実現できるようになる。

ドコモでは既にO-RANのオープンフロントホール仕様を用いて、富士通とNECの5G基地局装置の親局と子局を接続するマルチベンダーRANにより5Gサービスを提供しているが、今回はそのシステム構成でさらに5G周波数帯のキャリアアグリゲーションに成功した。なお、検証結果は2020年9月25日(金)から9月30日(水)にかけて世界各地域で同時開催されたO-RAN仕様に準拠した相互接続や実証実験に関するイベントであるO-RAN Plugfestでも発表している。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。