Today's PICK UP

スワロフスキー、オンライン接客システムを導入

スピンシェル株式会社は、スワロフスキー株式会社が10月1日より開始した自宅からゆっくりと買い物ができるサービス「SWAROVSKI ONLINE APPOINTMENT(スワロフスキー・オンラインアポイントメント)」に LiveCall が導入されたと発表した。
「SWAROVSKI ONLINE APPOINTMENT」は、経験と知識を持つスワロフスキーの専門スタッフが、豊富な商品ラインナップの中から、顧客の好みや希望にあった製品をオンライン接客を通じて提供するサービス。LiveCallを使ったオンライン接客なら、コロナ禍においても、外出することなく自宅から実店舗での買い物体験をオンライン上で楽しむことが可能だ。今回、コロナ禍における消費行動の変化やオンライン接客のニーズの高まりを背景に、常に新しい可能性に挑戦するスワロフスキーが新たな接客サービスの取り組みとして、オンライン接客システム LiveCallを導入し、新しい接客スタイルを実現している。
出典元:プレスリリース
LiveCallは、「アプリダウンロードが不要で誰でも手軽に利用可能」、「ブランドの世界観をWEB上で表現」など、新たな顧客体験を追求してきたスピンシェルが2015年に自社開発した、オンライン接客システム。店舗のリアルな接客のオンライン上での実現を目指して、ブランド側・消費者側双方のシームレスにこだわったLiveCallがあれば、コロナ禍のニューノーマルに合わせた新たな接客スタイルとして、顧客が店舗でしか体験できなかったことをオンラインでも提供することができる。

■SWAROVSKI ONLINE APPOINTMENT(スワロフスキー・オンラインアポイントメント)について

・サービス提供時間 :月曜日から金曜日の13:00~16:00(祝祭日を除く)
・方法:完全予約制
・問い合わせ:スワロフスキー銀座
東京都中央区銀座8-9-15 JEWEL BOX GINZA 1F 2F
03-3289-3700
11:00~20:00(年中無休/年末年始を除く)

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。