Today's PICK UP

フィンランド発フードデリバリーサービス、東京でサービス開始へ

フードデリバリー事業「Wolt(ウォルト)」を展開するWolt Japan株式会社は、2020年10月22日(木)10時より、東京都内においてサービス提供を開始すると発表した。
「Wolt」は、2014年フィンランド・ヘルシンキでサービス開始以降、23か国100都市以上で展開しており(2020年10月現在)、日本では2020年3月に広島での提供開始を皮切りに、札幌、仙台と展開エリアを広げ、10月22日から東京でのサービス開始が決定した。東京では、渋谷区、港区、新宿区、目黒区、世田谷区、品川区の一部からスタートし順次配達エリアを拡大する予定だという。

「Wolt」の特徴の一つは、地元で愛される名店の取り扱いの多さだという。広島では「薬研堀 八昌」や「酔心本店」、札幌では「スープカリーSuage+」や「中国料理 布袋」などが加盟している。東京では「トラットリア・ピッツェリア ラルテ」「グリーンブラザーズ」「Mikkeller Tokyo」などサービス開始当初は150以上の人気店が加盟し、今後順次拡大を目指すとのことだ。

創業の地であるフィンランド・ヘルシンキは、低い人口密度や悪天候などによりフードデリバリーサービスにとって厳しい環境だ。「Wolt」はそんな環境下において効率的に配達を行うため、業界最高水準のアルゴリズムを持つ独自システムを採用し、配達パートナーが効率的により多くの配達を行うことを実現しながら、平均30分程度と迅速な配達を行う。また、ユーザー、加盟レストラン、配達パートナーに対して、1分以内に返答を行うチャットサポートを提供することにより、スピーディーに問題解決を行うと同時に、集めたフィードバックによりサービスの改善を行う事で質の高い顧客体験を提供しているという。

Woltの配達パートナーは、交通安全ルール遵守などを含む適性テストに合格したパートナーのみで構成され、ユーザーやレストランが安心できるサービスを提供している。またレストランに北欧デザインの「Woltオリジナル紙袋」や店舗が顧客への想いを綴れる「Thank you!カード」を提供するなど、幸せの国・フィンランドならではの「温かみのあるおもてなし」を取り入れながら「質の高い顧客体験の提供」を追求しているとのことだ。

Wolt東京 サービス概要
サービス開始:2020年10月22日(木)10:00
営業時間 :[日~木曜日] 10:00〜23:00  [金~土曜日] 10:00~24:00
店 舗 数 :サービス開始時点で150店以上。今後順次追加予定
配 達 料 :店舗から1.5km以内の届けには99円、2.5km以内199円、4km以内299円。
配達エリア :渋谷区、港区、新宿区、目黒区、世田谷区、品川区の一部より開始、順次拡大予定。
出典元:プレスリリース

人気の記事