Today's PICK UP

東芝、量子暗号通信システム事業を開始

株式会社東芝は、2020年度第4四半期より、国内外での量子暗号通信システムのプラットフォームの提供およびシステムインテグレーション事業を順次開始すると決定したと発表した。
国内事業では、東芝デジタルソリューションズ株式会社が国立研究開発法人情報通信研究機構より実運用環境下における複数拠点間の量子暗号通信実証事業を受注した。2020年度第4四半期に量子暗号通信システムを納入し、2021年4月に実証事業を開始する予定だ。同社は、これまで量子暗号通信の様々な実証実験を進めてきたが、量子暗号通信システムインテグレーション事業としては本件が日本で初めての案件となるという。

海外事業では、英国政府研究開発機関において量子暗号通信を実用化する、BT Group plc.との共同実証試験を9月16日から開始している。また、米国ではQuantum Xchangeと共にVerizon Communications Inc.が9月3日に公表した量子暗号通信トライアルに参加している。同社は、2021年度以降、英国、米国の他に、欧州、アジアの主要国でも現地事業パートナーとともに量子暗号通信システム事業を推進する予定とのことだ。

量子暗号通信事業を推進するため、同社は2種類の量子鍵配送プラットフォームを開発している。1つはデータ通信用光ファイバーを共有する「多重化用途向け」プラットフォーム、もう1つは鍵配送の速度と距離を最大化した「長距離用途向け」プラットフォームだ。同社は今後、国内外で量子鍵配送ネットワークを構築し、金融機関を中心とした顧客向け量子鍵配送サービスを2025年度までに本格的に開始する予定だ。本格的なサービスの開始に先立ち、英国ケンブリッジに製造拠点を置き、2020年度第3四半期より特定ユーザ向けのサービス提供を開始する。同社は本プラットフォームを10月20日より開催される「CEATEC 2020 ONLINE」ならびに、10月26日より開催される「IQT Europe」に出展する。

同社は、これまで20年以上の歳月をかけて量子暗号通信の技術開発に取り組み、世界トップクラスの成果と実績を積んできた。量子鍵配送サービスをいち早く提供することで、2035年度に全世界で約200億米ドル(約2.1兆円)と見込まれる量子鍵配送サービス市場の約1/4(2030年度で約30億米ドル[約3,150億円])を獲得し、量子暗号通信業界のリーディングカンパニーを目指すとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。