Today's PICK UP

関西電力、ドローンとAI画像解析の活用による洋上風力設備の運用・維持管理技術の研究を開始

関西電力株式会社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)が行う「風車運用・維持管理技術高度化研究開発」に係る公募において、開発助成先として選定され、助成金の交付が決定したと発表した。
洋上風力発電は、エネルギーセキュリティや地球温暖化対策の観点から重要なエネルギーであり、同社としても将来的には市場の拡大が予想される分野であると考えているという。

一方で、洋上風力発電の実用化にあたっては、高コストが課題の一つとなっている。洋上設備の場合、基本的に専用船舶を用いた点検作業等が発生するため、維持管理において陸上風力発電と比較して多くの費用が必要となる。また、落雷等が原因で緊急停止した際には、天候によっては風車へのアクセスが制限され、点検・復旧までに時間がかかるため、風車停止中の発電の損失も発生する。

本研究開発では、風車発電設備の緊急発電停止後の臨時点検や定期点検において、ドローンおよびAIを用いた画像解析技術を活用することにより運用・維持管理の迅速化・効率化を図り、更には発生電量増加、点検コスト削減を達成し、日本のエネルギーミックスの実現に貢献することを目指すとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。