Today's PICK UP

平井デジタル改革相、アイデアボックスに投稿した自治体職員と「第2回オープン対話」を実施

2020年10月22日、平井卓也デジタル改革担当大臣が株式会社自動処理、内閣官房デジタル改革担当が運用しているデジタル化推進に関する国民の意見募集サイト「デジタル改革アイデアボックス」に投稿した自治体職員と『国と地方の連携』をテーマに直接意見交換を行った。第3回は"No one left behind(誰一人取り残さない)"をテーマに10月30日に実施予定。
現職の大臣がアイデアボックスで募集した意見の投稿者と直接対話する事は初めての試み。第1回のオープン対話の中で出た意見の一部については、2026年を目途に運転免許証の情報をマイナンバーカードに組み込む事や、引っ越しの際の住所変更や、電気・ガスなどの手続きを一度で済ませることができる仕組みづくりを行う事として、既に発表されている。

第3回は10月30日18:00-18:30に「デジタル改革アイデアボックス」の人気投稿者を招待し"No one left behind(誰一人取り残さない)"をテーマに実施予定だ。

10月15日から正式運用されていたデジタル化推進に関する国民の意見募集サイト「デジタル改革アイデアボックス」は、運用3日で登録者数が1000人を突破、10月21日時点でユーザー登録数約2550人、アイデア投稿数約2500件、コメント数5900件と、驚異的な速度で意見が寄せられおり、現在非常に注目を集めている。
出典元:プレスリリース
オープン対話は、アイデアボックス設置期間中にテーマを変えながら、今後とも実施を予定しており、オープン対話で取り上げられなかった意見についても、11月に行われるデジタル改革関連法案ワーキンググループにおいて紹介され、議論される予定とのことだ。

アイデアボックスとは、専門家を含む全ての国民がインターネット上で政策についての意見を投稿できるようにすることで、パブリックコメントのような一方通行の議論ではなく、国民同士の対話を通じてより良い政策形成を行っていく試み。

また正式オープンされた15日~23日の間に、寄せられたシステムに対する意見の反映についても、優先順位をつけながら随時行っているという。

実施期間は10月9日から11月6日までを予定しているとのことだ。
デジタル改革アイデアボックス
パソコン画面
出典元:プレスリリース
スマホ画面
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。