Today's PICK UP

ホリゾンとSCREEN、印刷工場のスマートファクトリー化に向けたAIソリューションの共同開発に合意

株式会社ホリゾンと株式会社SCREENグラフィックソリューションズ(以下、SCREEN GA)は、印刷工場のさらなるスマートファクトリー化を実現するために、人工知能(AI)を活用したソリューションを共同で開発することに合意したと発表した。2022年1月以降、エンドユーザーへの導入を目指す。
近年、印刷物において多品種・小ロット・短納期の要求が高まっており、印刷・製本工程の効率化や稼働率の向上などが大きな課題になっている。その一方で、生産現場においては装置自体や設置環境に起因するもの、印刷データ、オペレーターのスキルによるものなど、多種多様なトラブルが発生しており、生産工程の効率化を妨げる大きな要因となっている。そうしたトラブルの解決や生産性向上につながる条件設定などは、長年の経験を持つ現場スタッフにより処理されることが多く、スタッフの高齢化や後継者の育成などが問題となっている。

こうした業界の動向を背景に両社は、デジタル印刷機と後加工機のノウハウを学習し、オペレーションを最適化するAIエンジンの開発に向けて合意。AIやIoTなどの先進ソリューションを提供している株式会社SCREENアドバンストシステムソリューションズと協力し、ホリゾンの「iCE LiNK」とSCREEN GAの「TRUST NetworkService」に集積される生産ラインの稼働データをAIで分析。生産ラインの条件設定の最適化やトラブル解決策の提案、操作補助などをAIが行い、オペレーターを支援することで、誰もが簡単かつ効率的にオペレーションできる生産環境の提供を目指すとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気の記事