Today's PICK UP

PayPay、店内注文サービス「PayPayテーブルオーダー」を提供開始

ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の3社が共同出資するPayPay株式会社は、2020年10月30日から、大阪府の対象店舗で店内注文サービス「PayPayテーブルオーダー」の提供を開始すると発表した。
「PayPayテーブルオーダー」とは、飲食店のテーブルや座席からユーザー(来店者)が自身のスマートフォンにインストールした「PayPay」アプリを使って注文用QRコードを読み取り、飲食店が販売する飲食物の注文から決済までが可能になる新サービス。
出典元:プレスリリース
「PayPayテーブルオーダー」は、ユーザー(来店者)のスマートフォンにインストールされた「PayPay」アプリの「テーブル注文」アイコンをタップすると起動し、飲食店のテーブルや座席に設置された注文用QRコードを読み取ることで利用できる。注文用QRコードを読み取り、テーブル番号を入力すると、「PayPay」アプリに店舗のメニューが表示され、注文したい商品や数量などを選択し、注文する。店側から商品の提供を受けたあと、ユーザーが商品受け取り完了通知を押すと支払いが完了する。
出典元:プレスリリース
「PayPayテーブルオーダー」を利用することで、ユーザーは不特定多数の利用者が触れる印刷されたメニューにも触れることなく、自身のスマートフォン上の「PayPay」アプリから注文を行える。さらに、決済も「PayPay」内で完了するため、退店時の会計作業なども不要となり、新型コロナウイルス感染症をはじめとした感染症対策にも繋がる。店舗にとっても、従業員がテーブルを回って注文をとったりレジで会計を受け付ける必要がなくなるため、ユーザーと従業員の接触機会を減らし、従業員の感染症対策をとりながら店舗業務の効率化を促進できる。また、すでに3,300万人以上が利用している「PayPay」で「PayPayテーブルオーダー」が使えるため、新たにオーダー用のアプリのインストールを促すこともなく、幅広い利用者が利用できるという。

なお、「PayPay」は大阪府が「大阪コロナ追跡システム」の普及拡大とキャッシュレス化を同時に推進することを目的とした「大阪おおきにアプリ事業」の「大阪おおきにアプリ」として採用されている。2020年10月1日より、大阪府内の店舗を対象とする「大阪おおきにアプリ事業」に登録した飲食店から加盟店向けのサービスページの申込受付フォームより「PayPayテーブルオーダー」の受け付けを始めており、大阪おおきにアプリ事業参加店舗は、本事業期間中の2022年3月31日まで「PayPayテーブルオーダー」を無料で利用できる。

大阪府内では、「PayPayテーブルオーダー」のアイコンに大阪府の公式マスコットキャラクターである「もずやん」が表示される。また、訪れた店舗に設置された「大阪コロナ追跡システム」登録用のQRコードをスキャンしメールアドレスを登録することで、大阪府から届く「登録完了メール」から飲食店のストアページ(PayPayマイストア)にアクセスし、「PayPayテーブルオーダー」を利用できる。なお、「大阪コロナ追跡システム」からアクセスできるストアページ(PayPayマイストア)では、店舗のお知らせやおトク情報の閲覧も可能だという。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事