Today's PICK UP

JR東日本、東北6県で観光型MaaS「TOHOKU MaaS」を展開へ

JR 東日本は、2021年4月から9月まで開催される東北デスティネーションキャンペーン(以下、東北 DC)にあわせ、各地の自治体や交通・観光事業者などの協力を受けながら、利用者を迎える体制づくりの一環として東北6県で観光型MaaS「TOHOKU MaaS」(トウホクマース)を展開すると発表した。
旅のプランニング機能やオンデマンド交通など、より便利な移動を実現する「MaaS」メニューを提供し、より多くの観光地を訪れ、グルメや買い物などの体験を楽しめるよう利用者の旅を応援する。「新幹線eチケット」や「モバイル Suica」と組み合わせて利用することにより、スマートフォンひとつで広く東北地方を回遊することができるようになる。各種チケットの手配から決済までをスマートフォン上で提供し、with コロナ、ポストコロナの状況下においても安心・清潔かつシームレスに旅行する一助になると考えているという。

・実施期間
2021年4月1日~2021年9月30日

・展開エリア
青森県:青森・弘前エリア
秋田県:秋田・男鹿および角館エリア
岩手県:一関・平泉エリア
山形県:置賜および庄内エリア
宮城県:仙台・宮城エリア
福島県:会津エリア
出典元:プレスリリース
・主な提供サービス(予定)

検索
観光スポット情報の紹介に加えて、スポットを組み合わせた「観光モデルコース」を紹介するほか、旅行の計画に便利な以下の機能を提供する。
旅行プランニングサービス
・モデルコースなどに基づいて好みの旅行プランを組み立てられる機能。モデルコース以外にも好きな目的地を追加・削除することができ、自動で移動時間が再計算されるので、簡単にプランニングができる。また、作ったプランは保存しておくことができる。
リコメンド機能
・周辺の観光施設や体験できるメニューを、往復の移動時間と現地で滞在する時間などを考慮しておすすめする機能。旅行中、次の予定まで空き時間ができた場合などに便利だという。

予約
期間中、新たな交通手段として「オンデマンド交通」(予約制)の運行を計画。なお、実施エリアおよび運行形態は、許認可が必要なため現在検討中とのことだ。
オンデマンド交通 予約・決済(計画中)
・行きたい時に簡単に予約ができ、観光地を自由に散策できる乗合交通サービス「オンデマンド交通」を運行し、その乗車予約・決済をサイト上で行う。
駅レンタカー予約(計画中)
・主要駅から利用できる「駅レンタカー」をサイト上から予約できる。

決済
利用シーンに合わせて選べるデジタルチケットを、複数用意。提供する内容は、エリアにより異なる。
交通デジタルチケット(フリーパスタイプ)
交通デジタルチケット(定員制高速バス)
アクティビティ(体験・見学・飲食など)デジタルチケット
その他
・各種有料サービスを利用の際、クレジットカードでの決済のほか、「モバイル Suica」のチャージでも決済ができる。

人気の記事