Today's PICK UP

三井住友銀行、キャッシュレス化の取組を推進へ

株式会社三井住友銀行は、顧客の利便性の向上のため、キャッシュレス推進に資するサービスの提供に努めてきた。クレジットカードやデビットカードを利用スタイルに合わせて提案すると共に、事業者向けには、三井住友カード株式会社と連携し、カード決済サービス「Square」の取扱をはじめとしたキャッシュレス環境の整備にとどまらず、法人向けのキャッシュレスデータの分析サービス「Custella」等、顧客のニーズに沿った総合的なサービスの推進を行ってきた。
キャッシュレス化に向けて国をあげて推進を行う中、足許では、新型コロナウィルス感染症拡大を受けて、キャッシュレスのニーズは一層の高まりを見せており、顧客の日常の中でも現金を利用する機会は減少している。こうした環境の変化を踏まえ、キャッシュレス推進に向けた取組を加速するため、各種優待サービスの提供方法や手数料の一部見直しを実施する。

これまでのキャッシュレス推進に向けた取組
・SMBCデビットを年会費無料で取扱開始:2016年10月~
・SMBCデビットに非接触IC決済機能を追加:2017年7月~
・SMBCダイレクトを全ての顧客に標準搭載(契約手続の不要化):2018年3月~
・SMBCダイレクトの同行本支店あて振込手数料無料化:2018年7月~
・SMBCダイレクトからのクレジットカード申込受付開始:2018年9月~
・三井住友銀行アプリでのSMBCデビット即時発行サービス開始:2019年3月~
・カード決済サービス「Square」の取扱開始:2019年4月~
・SMBCデビットが「Google Pay」に対応:2019年5月~
・三井住友銀行アプリでクレジットカード即時発行サービス開始:2020年3月~
・SMBCグループ共通のポイント「Vポイント」サービス開始:2020年6月~
・マイナポイント事業への参加:2020年9月~

手数料の改定
窓口および両替機に置ける円貨両替手数料を改定する。なお、同行では個人には「SMBCデビット」、法人にはカード決済サービス「Square」といった、顧客のキャッシュレス取引に役立つ商品が用意されている。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。