Today's PICK UP

新型コロナウイルスの感染リスクの低減に向けた「密回避サイネージ」が提供開始

SBクリエイティブ株式会社は、リテール店舗内や病院の待合室、オフィスの休憩室など、人が密集しがちな場所にセンサーを設置し、人口密度を自動判定することにより、新型コロナウイルス(COVID-19)感染予防対策を目的とした映像や音声をサイネージ(ディスプレー等)に表示することで密集解消を促す「密回避サイネージ」の提供を開始すると発表した。
「密回避サイネージ」は、SBクリエイティブが開発した画像認識AIソフトウエアを活用し、Webカメラ経由で一定のエリア内(画像内)の人数をカウントし、密集度を瞬時に判定する機能が特長だ。その判定情報はモバイルインターネット網を介して店頭のデジタルサイネージや、パソコンやスマホ向けのウェブサイトに視覚的なビジュアル(コンテンツ)で表示する。すでに店舗内でサイネージ導入している事業者などはサイネージをそのまま活用し、Webカメラなどの機器を追加することで、オプション的に機能を安価で付加することも可能だ。

同社はニューノーマルに即した新しいソリューションとして、「密回避サイネージ」の導入をスーパーマーケット、ドラックストア、コンビニエンスストアなどさまざまなリテール店舗のほか、病院、役所、オフィスなどへも拡大していく計画とのことだ。

Image 1: 人と人との距離が近い時にはソーシャルディスタンスを促す告知を表示する
出典元:プレスリリース
Image 2: リテール店舗内の混雑状況をサイネージやスマホなどに表示する
出典元:プレスリリース
Image 3: 滞在人数や滞在時間なども把握でき、混雑回避の検討にも活用が可能
出典元:プレスリリース

人気の記事