Today's PICK UP

撮影から採寸、編集、加工などが可能な「アバター生成システム」がリリース

株式会社PocketRDは、自分自身を一瞬で撮影し、その分身(以下アバター)を、高クオリティで生成できる統合システム、MY AVATARをリリースすると発表した。
今まではハードウェアのみなど、単独の提供サービスが多く、MY AVATARを活用することにより、ワンストップでアバターのコンテンツへの流し込みが可能になる。MY AVATARは、用途に合わせた下記5種類のアバターを全て同時に自動生成することを可能とし、同時に外部環境へもシームレスなエクスポートを実現。エクスポート時の対応ファイル形式は、OBJ、FBX、PLY、glTF、VRMを実装、特殊なアバターを活用するメタバースの対応も完了、今後も業界ニーズに合わせて順次機能追加するという。

1.プレビューアバター
ボディサイズの採寸も可能。アパレル、フィットネス、スポーツ業界などで活用できる。
2.インスタントアバター
自動でリギング。骨組みが入ったアバターをエクスポートし、ゲームやメタバース空間を楽しむことが可能。
3.エディタブルアバター
アバターの編集が可能。プリ機のように、目の大きさを変えたり、メイクの変更ができる。自分らしさを活かしたキャラクターへの変更機能も搭載予定だ。
4.ネイキッドアバター
センサーで取得したボディサイズを反映。バーチャルフィッティングでの活用も可能。
5.ボブルヘッドアバター
頭の大きい二頭身のアバター。ミニゲームや世界観への没入感を担保できる。

■MY AVATARとは

アバター生成統合システムの呼称。撮影から採寸、編集、加工、保存、エクスポートがワンストップで可能。

1.4つのシステムで構成
1)ハードウェア(3Dボディスキャナー、内寸直径1.6m)
2)ジェネレーター(AIを活用したアバター自動生成ソフトウェア、5種類のアバターを生成)
3)エディター(アバターをプリ機のように編集加工が可能)
4)クラウド(撮影予約、データ保存管理、エクスポート:OBJ、FBX、PLY、glTF、VRM形式に対応)

2.アウトプットできるデータは5種類
出典元:プレスリリース
※左から順に画像を配置
1)プレビューアバター
2)インスタントアバター
3)エディタブルアバター
4)ネイキッドアバター
5)ボブルヘッドアバター

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。