Today's PICK UP

三井不動産、顔認証だけでチェックインから入室までを可能にする「スマートステイ」ホテルを開業へ

三井不動産株式会社および株式会社三井不動産ホテルマネジメントは、“次世代型”新ホテルブランド『sequence(シークエンス)』の第3弾となる『sequence SUIDOBASHI』を2020年11月25日(水)に開業する。
『sequence』は「やさしいつながり」をコンセプトに、フレキシブルなチェックイン&チェックアウト時間(チェックイン 17:00~、チェックアウト ~翌日14:00)や12:00まで朝食が食べられるエニータイムブレックファスト、非対面でのセルフチェックインやカードキー不要で客室・館内施設への入室が可能な顔認証システム等を導入し、ゲストに「自由な時間と、過ごし方」を提供する次世代型ライフスタイルホテル。

『sequence SUIDOBASHI』は、JR「水道橋」駅徒歩1分、都営三田線「水道橋」駅徒歩6分と交通の利便性に優れ、東京ドームシティ至近というロケーションだ。エンターテインメント・スポーツの聖地「水道橋」で、友人同士や女子旅、家族旅行等のレジャー利用を中心に、ゲストの多様な宿泊ニーズに応える。本ホテルは、「MOMENT(瞬間)」を施設コンセプトに、本ホテルに集うゲスト同士が感動・興奮・喜びの“瞬間”につながる場所を提供したいという思いを形にしたという。屋外の開放的な環境でスポーツ専門動画配信サービス「DAZN」のコンテンツが楽しめるオープンテラス、宿泊者専用のシアターラウンジ等、コロナ禍の中でもゲストが「MOMENT(瞬間)」を共有できるスペースを多数兼ね備えている。全8種類用意した客室は、モノトーンで統一されたスタイリッシュなデザインと高い機能性を併せ持つ。なかでも本ホテルで最も特長的なコンセプトルームである「Bunk Bed 4 LIVE」には、プロジェクターとスピーカーを常設。ゲストは自身のデバイスを接続し、シアタールームとして各種映像コンテンツを自由に見ることができる。

■「sequence SUIDOBASHI」の特長

(1) JR「水道橋」駅徒歩1分、東京の滞在拠点として利便性の高い立地
本ホテルは、JR「水道橋」駅徒歩1分、都営三田線「水道橋」駅徒歩6分と、交通の利便性に優れている。JR「水道橋」駅西口正面に位置し、駅と神田川に挟まれた希少な駅前立地かつ東京ドームシティ至近というロケーションで、スポーツ観戦やコンサート、遊園地等のレジャー利用はもちろん、大手町や神楽坂、秋葉原へもアクセス良好でビジネス利用にも最適だ。東京の滞在拠点として、ゲストの様々な宿泊ニーズに応える。

(2) 顔認証だけでチェックインから客室・館内施設への入室まで全て可能
ゲストはアプリ上で事前登録を行うことで、顔認証システムを利用した非対面のセルフチェックイン手続きおよび客室・館内施設への入室が可能に。また、本ホテル特有の宿泊者専用「セルフクローク」の開閉にも顔認証システムを採用することで、よりスマートでストレスフリーなホテルステイを提供する。
出典元:プレスリリース
(3) 水道橋エリアで堪能したエンターテインメントの余韻そのままに滞在できるホテル
① 施設コンセプト:「MOMENT(瞬間)」
東京ドームシティ等でのエンターテインメントを楽しむために全国から集うゲスト同士が、感動・興奮・喜びの“瞬間”につながる場所を提供したいという思いから、施設コンセプトを「MOMENT(瞬間)」としたとのことだ。屋外空間でDAZNコンテンツが楽しめるオープンテラス、そしてオープンテラスと一体となった宿泊者以外も利用できる開放的なラウンジ、2階には宿泊者専用のシアターラウンジ等、「MOMENT(瞬間)」を共有できるスペースを多数兼ね備えている。3密を避けながら、エンターテインメント・スポーツを楽しめる空間となっている。

② 外観デザイン、テラス
本ホテルの外観は、オフィスビルの多い水道橋の都会的な街並に溶け込むようにモノトーンで統一した。コンクリートの風合いを生かし、シックで上質な印象に仕上げている。水盤と神田川に挟まれたセミパブリックな空間にはオープンテラスを設え、テラス内に「大型スクリーン」を設置。そこから流れる音と映像は、ラウンジを利用するゲストにも届く。大開口サッシを開放すると、オープンエアなテラスやラウンジが一体となって街とつながり、誰でも気軽に飲食や会話を楽しめる空間が広がる。

③ ホテルカウンター、ラウンジ(1階)
エントランス正面には、顔認証チェックインカウンターおよびDJブースが一体となったカウンターテーブルと、カフェカウンターが連なって配置されている。ゲストは、無人のカウンターテーブルでICT機器を操作し、顔認証またはQRコードを用いて非対面でのセルフチェックインが可能だ。カウンターを彩る植栽は、「株式会社叢‐Qusamura(くさむら)」が手掛けた。ラウンジは、様々なシーンに対応できるようフレキシブルさにこだわった空間となっている。計4つのマルチモニターを備え付け、天井のスピーカーから降り注ぐ音とともに、臨場感あふれる「スポーツバー」としても楽しむことができる。さらに、ラウンジの一角に配したボックスシートにもモニターを設置。ゲストは自身のデバイスを接続し、気の合う仲間と共に、各種コンテンツを自由に映し出すことが可能だ。エンターテインメントの余韻に浸るだけでなく、フランクなミーティング等のビジネス利用にも最適だという。

④ バー&ダイニング「KANPAI TERRACE」(1階)
エントランスを抜けて左手に広がるバー&ダイニング「KANPAI TERRACE(カンパイテラス)」は、オープン
テラスから連続した開放的なバースタイルのダイニング。水道橋エリアのカジュアルな雰囲気をそのままに、気兼ねなく楽しむことができるサンドイッチやフレンチトースト等のフードメニューとドリンクが用意されている。朝食とランチは、選べるメインディッシュ+サイドメニューの「PICK ONE」スタイルで提供。バータイムには、アルコールとの相性が抜群のチキン料理を和・洋・中様々なテイストで堪能できるという。屋外の開放的な座席での食事も可能だ。

⑤ 宿泊者専用シアターラウンジ「SHUNKAN LOUNGE」(2階)
2階には、宿泊者専用シアターラウンジ「SHUNKAN LOUNGE(シュンカンラウンジ)」を設けた。約40㎡のミニシアターとなっており、DAZNはもちろん、ゲストが持参した各種映像コンテンツを120インチの大型スクリーンで味わうことができる。1階の「KANPAI TERRACE」で購入したドリンクやフードを片手に、ゲスト同士が様々なエンターテインメントを楽しみながらゆるやかな一体感でつながることができる場を提供。「SHUNKAN LOUNGE」は、アートギャラリーの一面も併せ持つ。ゲストは、展示作品の一部を自由に持ち帰ったり、その場で購入したりすることができる。アートギャラリーやトークショーなどの各種イベントスペースのほか、ビジネスラウンジ(電源利用可能、Wi-Fi完備)や多目的スペースとして利用できる。また、グループでの貸切利用にも今後順次対応するという。

⑥ アート
館内に展示する各種アートは、千代田区半蔵門にあるアートスペース「ANAGRA」で活躍する、新進気鋭の若
手クリエイターが手掛けた作品。施設コンセプトである「MOMENT(瞬間)」をテーマにした、東京の街の“一瞬”を切り抜いたアート作品を通して、感動やときめきの瞬間をゲストに提供する。

⑦ 客室(3~12階)
客室は、全室2名以上で利用できる広さを確保し、全8種類。洗面・メイクアップからデスクワークに至るまで、必要な機能を「バックステージ(楽屋)」に見立てたカウンターエリアに集約。黒を基調とするシックなデザインで、省スペースでありながら機能性に優れた実用的なファシリティとなっている。一方、ベッドエリアは白を基調とし、心身ともにゆったりとくつろぐことのできる空間を演出。壁の一画に設置したグラフィックウォールとカウンターチェアの座面には、ブランドカラーである鮮やかなオレンジ色をアクセントに使用。空間にアクティブな印象を与えている。
出典元:プレスリリース
(4) テラスや館内に設置した大型スクリーンで、DAZNによる話題のスポーツコンテンツを上映
1階オープンテラスの「大型スクリーン」と2階の「SHUNKAN LOUNGE」では、DAZNコンテンツも配信予定。話題のスポーツを、巨大スクリーンと上質な音響で楽しむことができる。

(5) 法人向け多拠点型サテライトオフィス『ワークスタイリングSHARE』提携拠点として12⽉上旬よりサービス提供開始
『ワークスタイリング SHARE』は、契約企業の顧客が全国に広がる拠点を10分単位で利用できる法人向け多拠点型サテライトオフィス。働き方が大きく変化する中、テレワークに適したワークスペースのニーズが高まっていることを受け、2020年9月より三井不動産グループが運営する『ワークスタイリング SHARE』提携ホテルにおいて、一部客室をプライベートな一人用個室ワークスペースとして提供している。

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

地域活性化や地方創生という言葉が聞かれ始めて久しい昨今。UIJターン移住者に向けて補助を行っても、少子高齢化などの課題改善が難しい地域もあります。そんな多くの自治体が抱える課題に「旅」という側面からアプローチをするのが、プラットフォーム「おてつたび」です。「お手伝いをして賃金を得ながら旅がしたい」と考える方と、「人手不足を解消しながら地域の魅力を伝えたい」と考える地域の方々をプラットフォーム上でマッチングすることで、地域の課題解決や活性化に貢献しています。 今回は、おてつたびを運営する、株式会社おてつたびの代表取締役 CEOである永岡 里菜氏に、お手伝いをしながら旅をすることが地方や人々に与える価値、今後おてつたびが地方創生に対して担う役割についてお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

DX・カーボンニュートラル・量子コンピューティング。「人と、地球の、明日のために。」東芝ができること。東芝 島田太郎新社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

DX・カーボンニュートラル・量子コンピューティング。「人と、地球の、明日のために。」東芝ができること。東芝 島田太郎新社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝の考える顧客中心主義とは? 東芝の技術はカーボンニュートラルにどう寄与するのか? 島田社長が抱くビジョンに迫ります。 後編は東芝の「人と、地球の、明日のために。」という企業理念に込められた思い、島田社長の考えるリスキリングのあり方、量子コンピュータの持つ可能性などについてお話をうかがいます。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。