Today's PICK UP

Apple、一定の条件で手数料率を15%に下げる「App Store Small Business Program」を発表

Appleは、イノベーションの加速と小規模事業者や、インディーズのデベロッパが次世代の画期的なアプリケーションをApp Storeを通じて提供することで各々のビジネスを前進させるのを手助けするために、業界をリードする新たなデベロッパ向けプログラムを発表した。
新しいApp Store Small Business Programというプログラムで、有料アプリケーションおよびApp内課金に対する手数料率を引き下げることで、App Storeを通じてデジタルグッズ&サービスを販売する大多数のデベロッパが恩恵をうけることができる。本プログラムの対象となるデベロッパは、前年の収益が100万ドル以内であれば、手数料率は15パーセントに引き下げられるとのことだ。

App Store Small Business Programは2021年1月1日より実施予定だが、世界中が前例のない経済的打撃を受けている状況下にあっても、小規模でインディーズとして活動するデベロッパが継続的にイノベーションを生み出しながら成長できるという意味で、重要なタイミングでスタートを切ることになるという。コロナ禍にあって企業がオンラインでの仕事の進め方に対応したり、多くの小規模事業者が顧客や地域社会との接点を維持するためにデジタルで存続をつづけ劇的な成長を果たしたりする中で、アプリケーションは新しい重要な役割を担ってきた。本プログラムによる手数料率の引き下げは、小規模のデベロッパや意欲にあふれる起業家に対して、自身の事業に投資しながら、App Store経済圏を通じて成長していく上でより多くの資金を得ることになるとしている。
出典元:プレスリリース
「小規模事業者こそが世界経済の中枢であり、世界各地の地域経済にイノベーションやチャンスをもたらす活力となっています。Appleは本プログラムを立ち上げることで、小規模事業を営むデベロッパがApp Storeを通じて創造と繁栄の次の章を描き、お客様から愛される質の良いアプリケーションを生み出すお手伝いをしたいと考えています。App Storeは他では見られないような経済成長のエンジンの役割を担い、何百万もの新規雇用を生み出すのと同時に、素晴らしいアイディアさえあれば誰でも踏み出せる起業の道を開いてきました。新しいデベロッパプログラムは、そうした発展をさらに前進させるもので、デベロッパによる自身の小規模事業への資金調達、新しいアイディアの具現化、チームの拡大を助け、人々の生活を豊かにするアプリケーションの開発に継続的に取り組むことを支援します」と、AppleのCEO、ティム‧クック氏は述べている。

本プログラムの全容と詳細は12月初旬にあらためて発表する予定だが、本プログラムの対象となる基準は分かりやすく、合理的だ:
・App Storeを通じて配布中の全アプリケーションについて2020年の収益が合計100万ドル以内の既存デベロッパ、またはApp Storeを通じてこれから自身のアプリケーションを配布を計画している新規デベロッパは、本プログラムの対象となり手数料率が引き下げられる。
・本プログラムの対象となるデベロッパの収益が100万ドルを超えた場合には、当年の残りの期間については、標準の手数料率が適用される。
・デベロッパの事業が不調で当年の収益が100万ドル未満に落ち込んだ場合には、翌年の手数料率は再び15パーセントに下がる。

デジタルグッズ&サービスを販売するアプリケーションで手数料控除後の売り上げ金額が100万ドルを超える収益に達している場合は、App Storeの標準手数料率である30パーセントが維持される。今年初めに発表されたAnalysis Groupによる独自の調査によると、Appleが設定している手数料体系は、各社のアプリケーション配布およびゲーミングプラットフォームでは主流である、としている。

小規模事業を営むデベロッパは、Appleが提供する開発用アプリケーション、プログラミング言語、安全なペイメント手法、ソフトウェア開発の根幹となる250,000以上のAPIなどで構成される比類のないデベロッパツール一式から、引き続き恩恵を得られる。Appleは以上のようなツールをデベロッパに提供することで、その素晴らしいアイディアを世界を変革するようなアプリケーションとして具現化してくれることを願っているとのことだ。HealthKitのようなツールは、ユーザーの健康に関するデータにエンジニアが安全にアクセスできるようにする。ARKitはデベロッパが拡張現実の新たな分野を開拓する原動力となる。Core MLは、機械学習のスピードとインテリジェンスを動力化し、デベロッパが数行のコードを書くだけでパワフルな機能を実装するのを支援する。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。