Today's PICK UP

LINEとNAVER、日本語に特化した超巨大言語モデルを開発

LINE株式会社はNAVERと共同で、世界でも初めての、日本語に特化した超巨大言語モデル開発と、その処理に必要なインフラ構築についての取り組みを発表した。
超巨大言語モデル(膨大なデータから生成された汎用言語モデル)は、AIによる、より自然な言語処理・言語表現を可能にするもの。日本語に特化した超巨大言語モデル開発は、世界でも初めての試みとなる。従来の言語モデルは、各ユースケース(Q&A、対話、等)に対して、自然言語処理エンジニアが個別に学習する必要があった(特化型言語モデル)。一方、汎用言語モデルとは、OpenAIが開発した「GPT」や、Google の「T5」に代表される言語モデルだ。

新聞記事や百科事典、小説、コーディングなどといった膨大な言語データを学習させた言語モデルを構築し、その上でコンテキスト設定を行うためのFew-Shot learning*1を実行するだけで、さまざまな言語処理(対話、翻訳、入力補完、文書生成、プログラミングコード等)を行うことが可能となり、個々のユースケースを簡単に実現できることが期待される。
*1:ブログの書き出しや、プログラミングコードの一部などを与えること。それをもとに、最もそれらしいと判断した文字列を生成する。たとえば、与えた言葉(「おはよう」)に対して、これまで学習した中から最もそれらしいと判断した文字列(「おはようございます」等)を返すといったことが考えられる。

今回、日本語に特化した汎用言語モデルを開発するにあたり、1750億以上のパラメーターと、100億ページ以上の日本語データを学習データとして利用予定だ。これは現在世界に存在する日本語をベースにした言語モデルのパラメーター量と学習量を大きく超えるものとなる。パラメーター量と学習量については、今後も拡大していくという。

本取り組みにより、日本語におけるAIの水準が格段に向上し、日本語AIの可能性が大きく広がることが予想されるとのことだ。現在、超巨大言語モデルは世界でも英語のみが存在・商用化しており、他言語の開発についても、ごく少数の取り組みが発表されているのみとなる。その理由の一つとして、高度なインフラ環境の必要性があげられる。超巨大言語モデルの処理には数百ギガバイトものメモリーが必要と考えられており、世界でも指折りの性能を持つスーパーコンピュータなど、高度なインフラ環境が必要だ。今回LINEはNAVERと共同で、本モデルを迅速かつ安全に処理できる700ペタフロップス以上の性能を備えた世界でも有数のスーパーコンピュータを活用し、超巨大言語モデルの土台となるインフラの整備を年内に実現予定とのことだ。

英語にて実現している精度に匹敵する、またはそれ以上の、日本語の超巨大言語モデルを創出する。開発された超巨大言語モデルは、新しい対話AIの開発や検索サービスの品質向上など、AIテクノロジーブランド「LINE CLOVA」をはじめとするLINE社のサービスへの活用のほか、第三者との共同開発や、APIの外部提供についても検討予定だ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。