Today's PICK UP

+Style、ブロック型組立ロボット「MAUNZI」を取り扱い開始 レゴブロックとの互換性もあり

プラススタイル株式会社は、株式会社AJAXが販売するブロック状でかんたんに組み立てられるロボット「MAUNZI」を、+Styleで2020年11月24日より取り扱うと発表した。
「MAUNZI(マウンジ)」は、パーツを組み合わせることでロボットを作り上げ、スマホアプリと連携して内蔵モーターにより動かすことができる新世代のブロック玩具。ブロックにはモーターやセンサーなどが内蔵されており、レゴブロック互換性の製品として様々な形状のロボットを組み上げることができる。

6歳以上であれば遊ぶことが可能で、単純なおもちゃとしてはもちろん、プログラミング教育用の玩具としても使用できる。アプリでは単純にロボットを操作するだけではなく、プログラミングも可能。簡単なGUIベースのプログラミングはもちろん、Scratchによるプログラミングも可能で、小学生が学ぶようなPCベースでのプログラミングにも応用できる。
出典元:プレスリリース
玩具として、児童が遊べるように製品の素材にも配慮。小さい子どもでも遊べるようなサイズはもちろんのこと、ブロックの角を丸くして怪我をしにくいように設計されている。また、万が一口に入れても安全な無毒性シリコンとABSを採用して安全性テストをクリア。さまざまな子どもが触れるものだからこその製品作りとして仕上げているという。

ブロックのセットは、さまざまなロボットを自由な発想で組み立てられる「MAUNZI Full Performance Kit」と、MAUNZIのロボットキャラクター「ニック」「ウィリー」「コビー」が作れる「MAUNZI Burning Cannon Kit」、「ニック」と「ウィリー」が作れる「MAUNZI Dynamic Wheeler Kit」の3点が用意されている。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。