Today's PICK UP

大阪音楽大学、「音楽×テクノロジー×ビジネス」を学ぶ専攻を開設

大阪音楽大学は、2022年4月新たに音楽・エンタテインメントビジネスのプロフェッショナルを育成する「ミュージックビジネス専攻」を開設すると発表した。
2015年の創立100周年を機に、2016年にはミュージッククリエーション専攻、ミュージックコミュニケーション専攻を開設。その後も新たな専攻を開設し、この延長での新専攻開設となる。ミュージックビジネス専攻のキーワードは「音楽×テクノロジー×ビジネス」。音楽大学としての知見やスキルに加え、ICTやビジネス領域も学ぶことで、今後の日本において改めて産業としての期待感が高まる音楽・エンタテインメント業界のプロフェッショナルを育成・輩出し、21世紀の社会に貢献するとのことだ。

コロナ禍によって注目を集めた、DX(デジタル・トランスフォーメーション)という概念。これまでの対面式のコミュニケーションや、書類・押印などの習慣から、オンラインでのコミュニケーションに軸足を移す動きを表すキーワードだが、対面型のコミュニケーションに比べ感情や微妙な表現が伝わりにくく、仕事によっては効率の悪さが課題となっている。また、オンラインでのビジネスにおいては簡単に商材の価格やスペックが比較されるため、いかにユーザーの心をつかむか、つまりエンゲージメントの獲得が重要となってきている。大阪音楽大学は、こうしたDX後の社会における音楽・エンタテインメントの役割が、単にこれまでの作品やイベントをユーザーに購入してもらうだけでなく、情緒的なオンラインコミュニケーションを可能にしたり、ユーザーのエンゲージメントを獲得するためのソリューションとして機能することも視野に入れている。つまり、DXの先のEX(エンタテインメント・トランスフォーメーション)を社会に働きかけていこうという狙いだという。

デジタル化の進展で音楽・エンターテインメントのビジネス構造が大きく変化している。グローバル化、クラウド化などの変化に対応できる若い人材が求められていることは間違いないという。在学中に起業体験し、起業家精神をもった、事業創出ができる日本の未来を担う人材を社会に送り出していくとのことだ。

<ミュージックビジネス専攻概要>
・設置概要
正式名称・略称:大阪音楽大学 音楽学部 音楽学科 ミュージックビジネス専攻(MB専攻)
設置場所:大阪音楽大学(豊中市庄内幸町)
教員予定数:客員教授10名、客員准教授2名、特任教授1名、専任教授2名、専任教員(予定)3名
学費:(初年度)入学金20万円 授業料105万円 施設費40万円 
※全学生PC支給

・カリキュラム
※主な科目
【音楽・エンタテインメント業界の基礎を学ぶ】
アーティストマネジメント論…アーティストマネジメントの実務について学ぶ
ライブイベント制作…ライブ配信スキルを含むイベント制作
日本のA&R史/世界のA&R史…原盤制作や最新の音楽トレンドを歴史から考察する

【新しいテクノロジー・スキルへの対応】
WEBマーケティング基礎…WEBやSNS活用をし、ユーザー行動データを活用したマーケティングを学ぶ
音楽テクノロジー…Javaなどのプログラミング言語から、HTML、CSS、Xcodeまで学ぶ
映像制作・編集…Adobe Premier・TouchDesignerなどのアプリ活用スキルを身につけ、映像のセンスを磨く

【発想力を磨き、起業も視野に】
起業家マインドと発想法…音楽にかかわる事業構築を研究
エンタテインメントソリューション演習…ファンクラブや企業とのコラボで、商材ではない音楽の使い方を学ぶ
知的財産管理…国家資格「知的財産管理技能士」取得を通して、アイデアの活用を学ぶ

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。