Today's PICK UP

NEC、「空間音響MR」を活用した観光案内サービスを香川県善通寺で開始

日本電気株式会社(以下、NEC)および有限会社XING WEIは、SSMRビジネス推進コンソーシアムを通じて、「空間音響MR (Space Sound Mixed Reality、以下、SSMR)」を活用した観光案内サービスを、香川県の善通寺で2020年12月5日から開始すると発表した。
本サービスは、音響定位技術やAR(拡張現実)技術を活用しており、2020年2月から善通寺でサービス実証を行っていたが、今回商用サービスを開始する。

本サービスでは、専用イヤホンから流れる音声と、スマートフォンを活用したAR映像を組み合わせて、現実世界の風景とバーチャル空間を融合させながら、観光名所のガイドを行う。今回提供するコンテンツは、弘法大師・空海の誕生の地である善通寺境内を、米国拠点に活躍するイラストレーターのジョセフ・フォルト氏作画のオリジナルキャラクターたちが楽しく案内をしてくれるサウンドアトラクション。「現代に蘇った空海から人として正しい道を歩むための教えを学ぶ」というコンセプトに基づいて制作されており、2023年の空海誕生1250年を記念した「弘法大師御誕生1250年記念事業」の一環として行われる。

本サービスは利用者個々のスマートフォンの位置情報に基づいて音声ガイドが流れるため、集団での行動を避けながら観光名所を巡ることが可能となっており、New Normal時代の観光スタイルを実現する。また、デジタル技術の活用により地域の観光資源に新たな価値を加えることで、観光産業や地域経済の活性化に貢献するという。

SSMRは、NEC独自技術である音源を空間に仮想的に固定する音響定位技術を活用している。顔の向きに合わせて一定の方向から音が聞こえるため、周囲のモノから実際に語り掛けられているような効果を演出することができる。また、仮想的なエリアの境界を作るジオフェンスを独自ノウハウに基づき設定し、利用者の詳細な位置情報や動きに基づいて音声コンテンツの起動タイミングを制御する。さらにAR映像を組み合わせることで、現実世界の風景とバーチャル空間が融合した新たな体験を実現するとのことだ。

■提供サービスの概要

・コンテンツ名
「VoiCineWalk(ボイシネウォーク) 善通寺~こころに響く空海の言葉」
・実施場所
香川県善通寺市善通寺町 3-3-1「総本山善通寺」
・サービス開始日
2020年12月5日(開始当初は土曜日のみの実施とし、徐々に実施日を増やす予定)
・声の出演
ナビゲーター 高畑淳子さん
弘法大師   橋爪功さん
お遍路案内キャラクター
プリグ役   吉田勝哉さん(声優)
プリミ役   折笠富美子さん(声優)
応援出演
ヒカル(YouTuber)
遊楽舎店長(YouTuber)
・利用料金
1,650円(税込み)

■各社の役割

・NEC
プラットフォーム提供、アプリケーション提供、サービス運営
・XING WEI
コンテンツ(キャラクター)提供、ロケ―ションに関する各種調整
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。