Today's PICK UP

富士通とZippin、リアル店舗のデジタル化加速に向けて協業開始

富士通株式会社とZippinは、Zippinが開発するレジレスソリューションの再販を開始することで合意したと発表した。
本合意に基づき、富士通は世界初のZippinの総代理店として、2021年3月までに日本市場向けにZippinのレジレスソリューションの提供を開始し、新たなマイクロマーケット向けAIスマートストアビジネスの創出を目指す。また、今後は協業を強化し、日本以外の地域への展開も検討する。なお、本合意は、富士通およびZippinが参画する、株式会社ローソンが2020年2月より実施しているレジなし店舗の実証実験の成功が後押しとなり、締結に至ったという。さらに、本協業を通じて、富士通はレジレスソリューションの活用とキャッシュレス化を基軸に、マルチ生体認証による本人認証、省人化・省力化・無人化オペレーション、非接触・非対面オペレーションといった周辺機能の強化・拡充を図り、2021年9月までに、新たな購買体験を実現するソリューションを開発し、提供開始する。

両社は、各々が持つテクノロジーを融合させることで、顧客のリアル店舗におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の加速、競争力強化を支援していく。

■背景

小売業界では、消費者のライフスタイルや価値観の変化、キャッシュレスの浸透、社会課題となっている人手不足の解消や働き方改革への配慮、昨今の新型コロナウイルス禍における行動様式の変化と安全確保に向けて、リアル店舗での新たな購買体験や接客スタイルの提供を求められている。これらのニーズに対応するため、富士通はZippinと世界初の総代理店契約を締結し、2021年3月までに日本市場向けにZippinのレジレスソリューションの提供を開始するとのことだ。

■協業の概要

本協業を通して両社は、富士通の小売業界をはじめとする幅広い業種・業態における強固な顧客基盤とサービスインテグレーションの実績、株式会社富士通研究所が開発したマルチ生体認証をはじめとするデジタル技術と、ZippinのAIをベースとしたグローバルでのレジレスソリューション実用化の経験を融合させることで、リアル店舗の先進的なDXを支援する。

富士通は、日本市場向けに、Zippinのレジレスソリューションの再販を行う。さらに、消費者向けのパーソナライズドサービスやグローバルにおける小売企業のビジネス加速を支えるマネージドサービスの提供を含む、新たな購買体験を実現するソリューションを開発し、2021年9月までにSaaS型のサービスとして提供開始する。リアルな顧客接点が重要なファクターとなる小売企業に対して本ソリューションを提供することで、レジ待ちなし、フリクションレス、さらに財布やスマートフォンさえも不要な手ぶらでの購買体験による消費者の満足度向上、新しい小売業態の創出を通じたビジネス収益の改善を支援する。

Zippinは、無人店舗運営における知見や、消費者行動・動作解析モデルを搭載した即時導入可能なSaaS型サービスであるレジレスソリューションを富士通に提供し、レジレスソリューションのグローバル展開によるビジネス拡大を目指すとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。