Today's PICK UP

クラウドシステムのローコード開発・実行環境「マルチプラットフォーム対応UI/UX基盤」が提供

日本ネクサウェブ株式会社と、株式会社 Hexabaseは、マルチデバイスに対応したクラウドシステムのローコード開発・実行環境として、Webシステムの操作画面開発を支援する“マルチプラットフォーム対応UI/UX基盤”「nexacro platform」の最新バージョン「nexacro beyond」とクラウドシステムのバックエンドサービス「Hexabase」を共同で提供していくと発表した。
ビジネス環境が素早く変化する中にあって、企業規模や業種・業態を問わずDX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれている。一方、システムの構成要素は多岐にわたり、個別開発とシステム統合に多くの期間とコストが必要だった。たとえば、企業システムでは、ユーザーが操作するフロントエンドと、データ管理やアクセス制御を担当するバックエンドに分けることができる。従来のシステム開発では、この2つをそれぞれ開発した上で統合することが必要だった。システム開発担当者は、フロントエンドとバックエンドで異なるテクノロジーを習得し、統合しなければならなかった。

「nexacro beyond」と「Hexabase」は、それぞれ企業システムのフロントエンドとバックエンドのローコード開発を強力に支援する開発・実行基盤だ。両サービスの利用で、フロントエンド・バックエンドでローコード/ノーコード開発を実現し、システムを完成させることができる。両サービスは、すでに大規模システムでの実績があり、システム規模に関係なく利用できる。両サービスのメリットは下記のとおり。
マルチデバイス・クラウドネイティブなシステムの開発を革新
・システム開発の生産性向上による、短納期化・低コスト化
・開発作業の継続性を向上
・業務や市場の動向に合わせてシステムを最適化

nexacro beyondとHexabaseによるシステム構成
出典元:プレスリリース
nexacro beyondとは
nexacro beyondは、Webシステムのプレゼンテーション・レイヤー(端末画面側)を強力に支援する開発・実行基盤。Webシステムは、各種OS・デバイスなど複雑な環境で動作させなければならない。これらのマルチデバイス環境はOSやブラウザのバージョンアップの度に、Webアプリケーションに影響を及ぼす。nexacro beyondではアプリケーションを“1つの開発ツール”から創り出し、しかも、OSやブラウザの違いによって発生するアプリケーションの挙動差を実行基盤が吸収するため、環境ごとの個別実装から解放されるという。UX(User Experience)が重要視される今、Webシステムにおいて“最適、最高のUX”を提供し業務生産性を高めるとともに、開発および保守・運用時のコストを大きく削減、アプリケーションの安定性と可用性を担保するとのことだ。

Hexabaseとは
Hexabaseは、企業システムの開発に利用できるエンタープライズBaaS(Backend as a Service)だ。Webアプリケーション開発に活用できる高品質なバックエンドをクラウドサービスとして提供する。Hexabaseを利用することで、開発コストをおさえて、使い勝手の要となるフロントエンド開発に注力できる。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。