Today's PICK UP

SMBCグループとNEC、次世代XR店舗を見据えたローカル5Gネットワークの実証実験を開始

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(以下、同社グループを総称して「SMBCグループ」)、株式会社三井住友銀行、株式会社日本総合研究所、日本電気株式会社(以下、NEC)は、第5世代移動通信方式(5G)を社内通信に活用する共同実証実験を実施することに合意し、同日ローカル5G用無線局の免許申請手続きを開始したと発表した。
SMBCグループでは顧客により便利に、安全に銀行サービスを利用されるために常に最新技術の取り込みを検討しているという。その中で通信インフラを大きく変える可能性のある5Gを活用することも一つの柱と考えており、先ずはローカル5Gの実証実験環境を構築する。NECが5Gネットワーク機器(コア、基地局、端末など)を提供し、ローカル5G検証環境を整備。当面は同環境において高速・大容量・低遅延という5Gの特徴を活かしたコンテンツ・サービスの検証を進める予定とのことだ。

将来的には全国の拠点にキャリア5G通信を利用した通信網を配備し、高度なVR/ARを用いてUX活用による顧客へ新たなサービスの提供、デジタルサイネージの高度化、店舗内カメラ動画のAI解析による店舗内混雑や待ち時間の解消、不正行動の検出といったサービスを検討するという。

また、実証実験の結果を踏まえて行内の働き方改革を推進。VR/ARの利活用により新たに人が集まれる場所や、よりリフレッシュ可能で集中力が高まる場所を構築する等、健康的で快適な次世代オフィスを検討するという。

尚、三井住友銀行では安定的かつ将来の変化に柔軟に対応出来る、次世代勘定系システムを構築する。次世代勘定系システムで構築するAPI基盤と5Gネットワークを活用し、新たな商品・サービス開発を進展させることで顧客に魅力的で価値のある体験を提供出来るよう、SMBCグループ全体でデジタル化を加速させるべく、グループの中核IT会社である日本総合研究所とともに取り組むとのことだ。

NECは、通信事業者向けの基地局ビジネスで培った日本でも有数の通信技術、ノウハウを提供し、SMBCグループの顧客サービスを支援するとともに、最先端のデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現させていくパートナーとして協業する。

5Gネットワーク利活用イメージ
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。