Today's PICK UP

中部国際空港セントレア、自動チェックイン機に「非接触タッチレスセンサー」を試験導入

日本エアロスペース株式会社は、中部国際空港株式会社が管理・運営する中部国際空港セントレア(以下、セントレア)第2ターミナルの自動チェックイン機の非接触化に向けたトライアルにタッチレスセンサー「エアクリック」を提供すると発表した。
今回セントレアに提供するタッチレスセンサーは、既存タッチパネル式操作画面の上部に装着し、画面に指を触れることなく「かざすだけ」で操作を可能にする機器。新型コロナウイルス感染症対策が求められる昨今の環境下において、自動チェックイン画面の非接触化はセントレアが掲げる「新しい空港利用の11のポイント」の一環となる。
出典元:プレスリリース
<トライアル概要>
実施期間:2020年12月8日(火)~2021年1月上旬
実施場所:中部国際空港セントレア 第2ターミナル
設置台数:1台
実施目的:自動チェックイン機を非接触化することによって新型コロナウイルス感染症対策を行うもの

<タッチレスセンサー概要>
製品名:エアクリック(Air Click)    
対応画面サイズ(縦横) :115mm~346mm(自由に検知範囲の設定可能)
インターフェース:USB

同社タッチレスセンサーは既存機器に取り付けるだけでタッチパネルを非接触化することが可能となる、簡便で低コストなソリューション。センサーから発出する赤外線が指を感知し、画面に触れずに操作することが可能で、既存製品を改修せずに設置できるのも特徴の一つだという。
出典元:プレスリリース

■中部国際空港セントレア自動チェックイン機 実証実験 背景

新型コロナウイルス感染症対策が求められる昨今の環境下において、日本のみならず世界の生活が“新型コロナウイルス”により一変した。その中で、日常で当たり前であった製品や文化が新生活様式として変わってきた。未来的技術としても注目度の高かったのが、不特定多数が利用する機器でのタッチレス操作に対する需要だ。コロナ禍をきっかけに様々な業界での導入が加速するとともに、その利便性から社会生活に一層定着することが見込まれる。東京都では非接触型技術を後押しし、関連企業によるイノベーションを促進する考えを示しており、タッチレス製品に使用されるセンサーに強みを持つ国内企業の世界市場での活躍が期待されている。

同社は今後、航空業界のみならずイベント/エンターテイメント、金融/決済、交通、セキュリティーなど様々な分野での製品展開を視野に、国内外の取引先に専門性とプロ意識に基づいたより高質且つユニークなサービスを提供するとのことだ。
出典元:プレスリリース

■タッチレスセンサー市場背景

出典元:プレスリリース
・英Southampton大学のBill Keevil教授(細菌学者) によると、新型コロナウイルスはタッチパネル上で数日間生存するため、ウイルスはタッチパネルを利用する何百-何万人を感染リスクにさらす可能性が高い。
・2018年の調査ではトイレの便座と比較してタッチパネル状の細菌数は10倍にもなることが判明している。
・新型コロナウイルスの収束後に利用者数が増え、顧客の使用ごとに毎回スクリーンを消毒するのは非効率的。顧客がタッチパネルを完全に避ければ、搭乗手続きの列は長くなり、従来の人員配置では有人チェックインカウンターを使う顧客に十分に対応できない。
・上記の観点からタッチパネルは非接触型に急速に移行される必要があるとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。