Today's PICK UP

オルビス、20年後の未来の肌状態を予測する「AI未来肌シミュレーション」を提供開始

オルビス株式会社は現在の肌状態やお手入れ習慣から未来の自分の顔立ちを予測し、今必要なお手入れ方法を提案する『AI未来肌シミュレーション』を『ORBISアプリ』内で2020年12月15日(火)よりサービス開始すると発表した。また、全国のオルビスショップのうち、2020年12月15日(火)時点で、6店舗にてサービス開始した。(順次拡大予定)
出典元:プレスリリース
『ORBISアプリ』では、2019年4月に、プロのパーソナルカラー診断がスマホでできる『パーソナルAIメイクアドバイザー』のサービスを開始し、累計実施件数230万件(2020年11月30日時点)を突破。2020年9月にはAI分析で、似合う眉の形とお手入れ方法を提案するサービス『AIアイブローシミュレーター』も開始し、サービス開始2ヵ月で累計実施件数25万件を突破(2020年11月30日時点)。「手軽さや精度が高い」といった声があるという。今回、『AI未来肌シミュレーション』のサービスを『ORBISアプリ』内でサービスを開始。全国のオルビスショップ6店舗(順次拡大予定)でも導入している。

『AI未来肌シミュレーション』は、現在の肌状態と生活習慣の状況、顔画像解析結果をもとに、AIが5年後、10年後、20年後の顔立ちを予測する。現在の肌状態を10項目の肌スコアから詳細に説明し、将来の顔に現れる年齢サインを通して、今本当に必要なお手入れ方法、生活習慣の見直しをアドバイスするサービスだ。アプリ版は、利用者の肌状態をイラストで説明し、より詳細に説明することで、誰でも自身の肌状態やお手入れ方法などのアドバイスを見ることができる。ショップでは、オルビス独自の専用スキンチェック機器を用いて現状の肌状態を分析し、その分析結果を用いて『AI未来肌シミュレーション』を行う。利用者は、「未来の自分」の姿を通して、自身の肌悩みやお手入れ方法など気になるところを、ビューティーアドバイザーからアドバイスを受けることができる。さらに、体験特化型施設『SKINCARE LOUNGE BY ORBIS』では、ワンランク上の体験として、『AI未来肌シミュレーション』をメニューに組み込んだ限定のトリートメントサービス(有料・予約制)も開始。『SKINCARE LOUNGE BY ORBIS』限定で、特殊カメラを用いて、今はまだ現れていない潜在シミも見ることができ、より利用者の年齢サインに深くアプローチする、サービスを提供する。

■『AI未来肌シミュレーション』サービス概要

【こんな人におすすめ】
・自分の肌状態がわからない、気になる
・自分の肌悩みに合ったケアが知りたい
・未来の自分の顔を見てみたい
・今のお手入れ方法が自分に合っているのか知りたい
出典元:プレスリリース
<『ORBISアプリ』内サービス>
対象店舗が近くにない人にも、スマートフォンで自撮りするだけで、いつでもどこでも『AI未来肌シミュレーション』を体験できる。診断方法は、スマートフォンで自身の顔写真を撮影するだけで、年齢サインと肌状態を分析し、現在の10項目の肌スコアを測定。AI が、お手入れや生活習慣から未来(5年後、10年後、20年後)の顔立ちを予測し、必要なお手入れ方法と生活習慣のアドバイスを『ORBISアプリ』上で得ることが可能だ。

【特長】
・センサーを使った『パーソナルスキンチェック』の測定は店頭のみのサービス。『ORBISアプリ』版では、自身によるセルフチェックによる測定値で算出する。
・ビューティーアドバイザーの直接のカウンセリングがないため、店頭でのスマートミラーデバイスの診断結果画面よりも詳細に説明し、シンプルで洗練された見やすいデザイン設計。
・「現在」、「5年後」、「10年後」の診断結果が『ORBISアプリ』内で保存される。

【分析の流れ】
出典元:プレスリリース
<体験特化型施設 『SKINCARE LOUNGE BY ORBIS』 サービス>
2020年7月にオープンした『SKINCARE LOUNGE BY ORBIS』(東京・表参道)では、ワンランク上の体験として、『AI未来肌シミュレーション』をメニューに組み込んだ限定のトリートメントサービス(有料・ 予約制)が用意。『SKINCARE LOUNGE BY ORBIS』限定の特殊カメラで肌の奥に潜む潜在シミ(シミの予備軍)まで測定し、より詳細な肌分析が可能だ。『AI未来肌シミュレーション』の結果に合わせて、ひとりひとりの肌の状態に合わせたトリートメントを提供し、利用者自身で実践いただける美容メソッドを持ち帰られる。
出典元:プレスリリース
<全国のオルビスショップ6店舗内サービス>※2020年12月15日(火)現在
【特長】
スマートミラーデバイスの前に立つだけで、現在の肌スコアを測定する。さらに、AI(人工知能)がお手入れや生活習慣からの未来(5、10、20 年後)の顔立ちを予測し、診断結果をもとに、ビューティーアドバイザーが必要なお手入れ方法やおすすめアイテムを案内する。未来の自分の姿を意識することで、いつもとは異なる視点で自分の肌と、向き合うことができる。
・所要時間:約20分
・料金:無料
・実施店舗:タカシマヤ ゲートタワーモール店(愛知)、新静岡セノバ店(静岡)、京都ポルタ(京都)、広島パルコ店(広島)、アミュプラザ博多店(福岡)、アミュプラザ鹿児島店(鹿児島)

【『AI未来肌シミュレーション』の流れ】
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。