Today's PICK UP

「就活サービスカオスマップ 2021年上半期 最新版」が公開

「就レポ」は、2020年12月17日(木)に新卒マーケットに特化した国内人材サービスを網羅した「就活サービスカオスマップ」を公開した。掲載数は合計で255サービス。

■動向

いまだ新型コロナウイルスの収束の見通しが立っていない中、2022年卒の就職活動は「非常に厳しくなる」と感じている学生が、前年に比べ4倍となっている。そのせいか、就活の動き出しが早い傾向にあるようだ。

就活サービスは今年に引き続き、
・オンラインサービス
・動画活用サービス
・インターン関連のサービス
・逆求人サービス が増え、さらに多様化が進んでいる。
出典元:プレスリリース

■カオスマップ カテゴリー説明

ナビサイト:学生が、様々な企業を探すことができるWEBサイト。多数の企業が掲載されており、業界や職種での検索や、独自の特集記事などから自分に合った企業を見つけられる。またサイト内での1クリックでエントリーできることが多い。

企業紹介:担当者が対面で就活の相談、合わせてその学生に合った最適な企業を紹介してもらえるサービス。また、会社選びや自己分析から、ES・面接対策など、入社まで総合的にサポートしてもらえる場合が多い。

マッチングイベント:学生が企業とマッチングできる少人数制のイベント。4-6名程度のグループで人事と対話・グループワークなどを行い、相互理解ができる。少人数制のため、人事との深い繋がりができ、企業からのオファーや、早期内定に繋がる場合もある。

逆求人:企業が、学生に選考等のオファー送ってくれるサービス。主にWEBサイトが多い。サービスに、自分の経歴などを登録するだけで、企業側から面談や特別選考の案内が届く。自分の能力を必要としてくれる、まだ知らない企業と出会いやすい。

企業説明会:学生向けの企業説明会。個別に開催される場合、合同説明会として一度に多くの企業を聞けるものがある。今年は新型コロナウイルスの影響でリアルな合同説明会が中止になり、オンラインに移行したサービスもある。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。