Today's PICK UP

近視の治療・抑制を目的とした「ウェアラブル近視デバイス」のプロトタイプが完成

窪田製薬ホールディングス株式会社は、子会社のクボタビジョン・インクが開発する独自のアクティブスティミュレーション技術「クボタメガネテクノロジー」を用いたウェアラブル近視デバイス「クボタメガネ」のプロトタイプの開発進捗状況と今後の開発計画について最新情報を発表した。
出典元:プレスリリース
近視の治療・抑制を目的に開発しているウェアラブル近視デバイス「クボタメガネ」は、2020年5月に卓上デバイス、2020年8月にはウェアラブルデバイスを用いた臨床試験において、被験者の網膜に1日数時間の網膜周辺部へのぼかした像の投影(myopic defocus stimulation)で眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が対象眼と比較して短縮するという結果が得られ、POC(Proof of Concept:概念実証)が確認されているという。

この結果を踏まえ、同社グループでは「クボタメガネ」の商業化に向けてプロトタイプの開発を進めているが、今回その初期型のプロトタイプが完成したとのことだ。

今後の開発計画は、人工的な光刺激を網膜に与える時間や期間を変更することにより、「クボタメガネ」が眼軸長に与える影響を中長期的に検証すると共に、製品デザインの改良、医療機器としての製造販売認証申請のための臨床試験等を行う予定だ。なお、本件による同社の2020年12月期連結業績予想への影響はないという。

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。