Today's PICK UP

フラー・KDDI・新潟大学が共同研究開始 地域産業のDX推進とスタートアップ創出で地域活性化を目指す

​フラー株式会社は、KDDI株式会社と2021年1月7日に業務提携契約を締結したと発表した。さらに、フラーとKDDIは、本業務提携の第一弾として国立大学法人新潟大学と、5GやIoTなどの先端技術を活用した、ICT人財や起業家人財の育成による地域の活性化を目指し、共同研究契約を2021年1月7日に締結した。
三者は本共同研究を通じて、フラーが有する新潟県及び新潟県内企業・ベンチャーとの深い接点、新潟大学が有する起業家教育への知見や卒業生・社会人ネットワーク、といった新潟県内における育成基盤に、KDDIが有する5GやIoTなど先端技術を活用したICT人財教育や、地方創生における起業家育成の知見を掛け合わせることで、次世代地域産業をリードする起業家人財を育成し、地域産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進とベンチャー・スタートアップの創出を目指す。

今後フラーは、新潟大学伊藤研究室内のベンチャリング・ラボとKDDIと協働し、新潟県内での起業家の育成を図り、意欲ある未来の担い手の確保や教育、学生はじめ社会人の起業・創業の支援など、未来の新潟を担う人財の育成に取り組む。

またフラーはKDDIと共創し、ICTなどの最新の経営ノウハウを持った地域人財の育成・地域企業のDXを促進するプログラムの開発も視野に広く連携することで、地方創生に資する取り組みを推進する。

<本共同研究の概念図>
出典元:プレスリリース

■本業務提携の内容

1.新潟県発の起業家創出・人財育成
・KDDIとフラー共同による、起業家育成施策の検討・実施。
・5GなどKDDIのアセットを活用した、遠隔教育の施策検討・実施および他地域への展開。
2.地域企業のDX推進
・新潟県における地域企業のDX推進施策の検討・実施。
・他地域への展開も見据えた、地域企業のDX推進に資する協業事業の検討・実施。

■本共同研究の内容

1.先端技術の地域活用についての共同研究
・5Gを活用し、東京都内のスタジオなどと新潟県内の5G拠点をつないだ最先端のICTによる地域格差のない遠隔教育の実施。
・次世代地域産業のDXを推進するための、最新のICTを活用した人財育成教育の共同研究の実施。
・教育コンテンツのオンライン化やアプリの開発・提供による、学習機会の拡大を行い、全国の見本になり得るような効率的な地域連携の強化。
2.起業家人財育成についての共同研究
・新潟大学や地域企業の有する技術シーズを起点とし、そこから発案されるビジネスアイデアに対して、伊藤研究室におけるアントレプレナーやサービスデザインに関する知見を掛け合わせることで、優れた起業家を育成。
・起業マインド・起業化の達成および起業後の成長までを視野に入れたプログラムを研究・実施。
・KDDI ∞ Labo 採択のスタートアップ企業やKDDI投資先のベンチャー企業ネットワーク、フラーの持つ新潟ベンチャーネットワークも利活用することで、起業家のビジネスアイデアやテクノロジーと各者のアセットを連携。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。