Today's PICK UP

ロボアドバイザー運用などを扱う金融機関向けエンタープライズSaaSが提供開始

株式会社FOLIOは、全国の金融機関向けにロボアドバイザー・ラップ運用などの一任運用基盤システム「4RAP」を2021年1月より提供開始すると発表した。
4RAPを利用することで、運用業ライセンスの有無を問わず、全国の銀行・証券会社等の金融機関は、自社内の顧客の口座・預かり残高を維持しながら一任運用サービスを提供することが可能になる。一任運用基盤サービスの提供にあたり、FOLIOが提供している運用サービスも活用できる。
FOLIOは創業以来、「資産運用をバリアフリーに」というミッションのもと、AI搭載ロボアドの「FOLIO ROBO PRO」、LINE上で500円から気軽に始められる「ワンコイン投資」、気になるテーマを選んで楽しめる「テーマ投資」など、顧客の個性や好みに合わせて選べる投資サービスのラインナップを実現してきた。

今後は全国の金融機関とともに、さらに多くの個人投資家層により良い投資サービスを届けることで、同社が目指すミッションに近づこうという想いで、金融機関向けの運用基盤SaaS事業を新たに開始する。

コロナ渦で急速に進むデジタル化(DX)はテレワークにとどまらず、顧客接点の強化、企業文化の変革など、企業が今抱える問題を解決し、競争を勝ち抜くためのキーワードになりつつある。

今、個人投資家のライフプランに合わせて適切な商品、投資額、タイミング、リスクコントロールを提供するロボアドバイザー・ラップ運用などの投資一任サービスが期待されているところだが、これを全国の金融機関が導入するには、高すぎる「自社開発コストの壁」があるという。

個人向け資産運用サービスを提供するFOLIOでは、同社で実際に運用してきた資産運用システムの知見を応用し、全国の金融機関が「自社開発コストの壁」にとらわれず、高品質でDXを推進できるSaaS型の投資一任運用基盤「4RAP(for Robo Advisor Platform)」を開発したとのことだ。

■一任運用基盤システム「4RAP」とは

4RAPは、ロボアドバイザー・ラップ運用などの一任運用基盤システムと一任運用サービスを提供するプラットフォーム。4RAPを利用することで、全国の金融機関が自社内の顧客の口座で一任運用サービスを提供することができる。一任運用サービスの提供にあたり、FOLIOが提供している資産運用サービスも活用できる。
出典元:プレスリリース

■4RAPで実現できる「新しい資産運用」のイメージ

①顧客体験をグレードアップさせるラップ・ロボアドサービスの展開
4RAPでは金融機関のホームページ、アプリ上からラップ・ロボアドサービスを提供することができる。金融機関内の顧客の口座をそのまま利用することで、他金融機関への顧客の流出を抑えつつ、顧客体験をグレードアップすることができる。
出典元:プレスリリース
②ゴールベースで複数目的を設定して同時運用可能
4RAPは複数口座対応の一任運用プラットフォーム。目的別口座のように資産運用のゴールを複数設定して、異なる一任運用サービスで同時に複数の投資を行うことが可能となる。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。