Today's PICK UP

TransferWise、海外取引手数料が無料のデビットカードを日本で提供開始

TransferWiseの日本法人であるトランスファーワイズ・ジャパン株式会社は2021年1月26日、個人や法人の顧客が外国通貨で支払いをする際に、隠れコストを支払うことなく決済できる「TransferWiseデビットカード」を提供すると発表した。
TransferWiseがイギリスの調査会社キャピタル・エコノミクスに委託した調査によると、2019年だけで、日本人は海外支出に関連した手数料を970億円以上負担しており(2015年比23%増加)、そのうち約760億円を海外取引手数料(同24%増加)、167億円を為替レートのマークアップによる「隠れコスト」(同27%増加)、残りはカードの年会費などに支払っていることが明らかになったという。
出典元:プレスリリース
TransferWiseデビットカードでは、隠れコストのない公正な為替レートである「ミッドマーケットレート」が適用されており、また海外取引手数料が一切かからないため、顧客はより多くの資金を手元に残すことができるとのことだ。2021年1月に調査会社Alderson Consultingが公開情報にもとづき行った市場調査によると、TransferWiseは海外送金、支払い、海外ATM引き出しにおいて、最大5分の1の手数料で取引可能で、外貨での支払いでは最大4分の1の手数料となることがわかったという。

2020年9月に日本でサービス提供を開始したマルチカレンシー口座に紐づくTransferWiseデビットカードは、日本の標準的な銀行口座やデビットカードにはない次のような機能を備えている。
1.50種類以上の通貨を保有できるだけではなく、瞬時に両替もでき、Mastercardを利用できるオンラインショップや実店舗など200か国で使うことができる。
2.自動両替技術により、カードの使用時に、最も有利な為替レートの通貨を自動で選択して両替する。
3.口座開設後数分で、8つの現地の口座情報(英ポンド、ユーロ、米ドル、オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、ハンガリー・フォリント、ルーマニア・レイ、シンガポール・ドル)を取得できる。現地住所の申告や現地支店への訪問の必要がなく、TransferWiseを使用して世界24か国以上で、現地で生活する人同様に支払いや受け取りができるようになる。
4.アプリを使って簡単にお金の追加や両替ができるほか、即時に利用通知を受け取ったり、いつでもカードを凍結・解除したりすることもできる。カードの申込み後、すぐにカード情報を取得でき、オンラインで使用できるようになる。

TransferWiseのマルチカレンシー口座とデビットカードは、様々な個人・法人の顧客に最適だという。
・海外駐在者/海外オンラインショップ利用者:外貨への両替や保有、送金、受取りのほか、海外のオンラインショップで買い物をする際にTransferWiseデビットカードを利用できる。
・転勤や留学で海外に移住する日本人:簡単に現地口座を開設でき、また新しい国で住所証明を待たずにTransferWiseデビットカードを使ってすぐに生活できる。渡航前に現地口座情報を取得でき、お金の受取りや母国への送金も可能。
・海外旅行者: TransferWiseデビットカードは、銀行発行のデビットカードの最大4分の1の安い手数料のみで利用でき、多くの現金を持ち歩くよりも安全。
・法人およびフリーランサー:両替手数料を支払うことなく複数の口座でお金の受取りができ、取引業者や従業員に対して海外送金が可能となり、またデビットカードによる支払いも可能。

人気記事