Today's PICK UP

地域通貨を活用しファンの応援を可視化するファンマーケティングツールの実証実験が開始

canow株式会社は、ファンの応援を可視化するファンマーケティングツール「YELLtum」の実証実験を開始したと発表した。

■YELLtum リリースの目的 / 背景

新型コロナウイルス感染拡大は、スポーツチームやファン、地域企業に大きな影響を与えている。イベント開催制限によって公式戦の大半が無観客開催を余儀なくされたことは、スポーツチームへの経済的な影響だけでなく、ファンがチームや選手を応援する場が失われ、スタジアム周辺の店舗へ足を運ぶ機会が減少することを意味している。そうしたなかでチームや選手を応援する新しい形、スポーツチームを中心とした地域を活性化するための仕組み作りが求められているという。

日本には地域に密着したスポーツチームが数多くある。そうしたスポーツチームは、地域の顔と言える存在だ。canowは、スポーツチームを中心にチームとファン、店舗を活性化させ、地域創生につなげるために、本プロジェクトを実施する。ブロックチェーン上で発行されたトークンを前払式支払手段として展開し、規制面では政府・行政と協議しながら実証実験などを実施するとのことだ。

■YELLtum 概要について

出典元:プレスリリース
「YELLtum」は、初期費用0円で始められるファンマーケティング専用ツール。「エール」を発行することで、「評価する」「使う」という2つの機能でファンの応援を可視化する。

・評価する:チームや選手を評価・応援することができる
・使う:ファンがスタジアム周辺の店舗や地域企業で、地域通貨として使えるようになる

その結果、チームや選手とファンのコミュニケーションの活発化やスタジアムを中心とした地域経済圏の盛り上がり、ファンの行動履歴取得による新たなデジタルマーケティングが実現可能となることで、スポーツチームを通じた地域創生を実現することができるという。

人気記事