Today's PICK UP

オンラインバーチャルライブ事業を世界展開する米・メタバース「SANSAR」と完全自動アバター生成の「MY AVATAR」が技術・事業提携

株式会社PocketRDとSANSARは、オンラインバーチャルライブ事業においての技術・事業提携を発表した。
欧米を中心に多くのオンラインバーチャルライブを成功させてきた「SANSAR(サンサール)」に「MY AVATAR」で生成した本人そっくりなアバターで参加可能に。アーティストにより繰り広げられる世界中でのオンラインバーチャルライブを存分に楽しむことができ、一方通行の配信だけではアーティスト自身も感じ取りにくかった「会場の熱気」をファンと共に創り出すことができるという。
出典元:プレスリリース
新しい生活様式の導入により、ライブコンテンツが激減し、アーティスト、演芸、劇団、伝統芸能などが創り出す「会場の熱気」を、家庭などの個人の空間でも再現し「没入感を担保する技術革新」が急務だと考えているという。そこで、欧米で多くのオンラインバーチャルライブを自社のメタバースで実現してきたSANSARと連携し、いままでプリセットアバターで空間に入っていたファン=カスタマーの声「アーティストに顔と名前を憶えてもらいたい」と、アーティストや演者側の声である「ファンと一緒に盛り上がりたい」という課題を、XR技術で没入感を担保の上、一気に解決し、その「会場の熱気」を伝える。MY AVATAR開発中の新システムにより、アバターデータはシングルサインオンで簡単にSANSAR側に取り込むことができるようになり、髪型、服の着せ替えなど、アバターのデフォルメも自由自在。自分の姿のママではなくデフォルメしたいとの声も、この機能により解決できるとのことだ。また、パートナー制度「MY AVATAR CONNECT」も同時に発表し、募集を開始する。

■完全自動アバター生成「MY AVATAR」について

出典元:プレスリリース
撮影から採寸、編集、加工、保存、エクスポートがワンストップ。短時間(1、3、10分)で複数種類のアバターデータの生成が可能だ。ブレンドシェイプ、リグを含み、容易に編集可能なアバターを完全自動で生成できるのソリューション。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。