Today's PICK UP

オンラインバーチャルライブ事業を世界展開する米・メタバース「SANSAR」と完全自動アバター生成の「MY AVATAR」が技術・事業提携

株式会社PocketRDとSANSARは、オンラインバーチャルライブ事業においての技術・事業提携を発表した。
欧米を中心に多くのオンラインバーチャルライブを成功させてきた「SANSAR(サンサール)」に「MY AVATAR」で生成した本人そっくりなアバターで参加可能に。アーティストにより繰り広げられる世界中でのオンラインバーチャルライブを存分に楽しむことができ、一方通行の配信だけではアーティスト自身も感じ取りにくかった「会場の熱気」をファンと共に創り出すことができるという。
出典元:プレスリリース
新しい生活様式の導入により、ライブコンテンツが激減し、アーティスト、演芸、劇団、伝統芸能などが創り出す「会場の熱気」を、家庭などの個人の空間でも再現し「没入感を担保する技術革新」が急務だと考えているという。そこで、欧米で多くのオンラインバーチャルライブを自社のメタバースで実現してきたSANSARと連携し、いままでプリセットアバターで空間に入っていたファン=カスタマーの声「アーティストに顔と名前を憶えてもらいたい」と、アーティストや演者側の声である「ファンと一緒に盛り上がりたい」という課題を、XR技術で没入感を担保の上、一気に解決し、その「会場の熱気」を伝える。MY AVATAR開発中の新システムにより、アバターデータはシングルサインオンで簡単にSANSAR側に取り込むことができるようになり、髪型、服の着せ替えなど、アバターのデフォルメも自由自在。自分の姿のママではなくデフォルメしたいとの声も、この機能により解決できるとのことだ。また、パートナー制度「MY AVATAR CONNECT」も同時に発表し、募集を開始する。

■完全自動アバター生成「MY AVATAR」について

出典元:プレスリリース
撮影から採寸、編集、加工、保存、エクスポートがワンストップ。短時間(1、3、10分)で複数種類のアバターデータの生成が可能だ。ブレンドシェイプ、リグを含み、容易に編集可能なアバターを完全自動で生成できるのソリューション。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。