Today's PICK UP

愛知県岡崎市の全小中学校にヤマハが「ボーカロイド教育版II for iPad」を導入

ヤマハ株式会社と株式会社ヤマハミュージックジャパンが開発・販売する『ボーカロイド教育版II for iPad』が、愛知県岡崎市のすべての小中学校に導入されたと発表した。自治体のすべての小中学校に『ボーカロイド教育版II for iPad』が導入されるのは今回が全国初だという。
現在、政府が掲げる「GIGAスクール構想」によって、児童生徒1人1台のタブレット端末等の整備やデジタル教材の導入などのICT活用が全国の教育現場で進められている。愛知県内3位の人口を有し中核市・中枢中核都市にも指定されている岡崎市では、「岡崎版GIGAスクール構想」を独自に掲げており、岡崎市内の全小中学生約34,000人分(小学校47校、中学校20校)のタブレット端末(iPad)と校内ネットワークの整備を2020年12月に完了し、児童生徒1人1台の環境を実現。そして今回、「より魅力的な学習ツールを」との岡崎市の教育への思いから、これら市内のすべての小中学校に整備されたiPadに『ボーカロイド教育版II for iPad』がインストールされたとのことだ。特に、岡崎市の音楽科教育は、「探求」と「創造」という新しい「STEAM教育」の理念に基づいており、音楽科にとどまらない各教科と連携した横断的な学習への活用も想定して導入された。すでに一部の小中学校では、本教材の先行活用が始まっており、来年度より各校で順次本格的に活用が開始される予定だ。ヤマハミュージックジャパンでは、こうした流れを受け、2021年2月から自治体や学校での一括導入に適した「スクール版ボーカロイド教育版II for iPad」の提供も開始している。

<【先行活用事例:岡崎市立南中学校】>
中学2年生の音楽科授業で『ボーカロイド教育版II for iPad』を活用した創作学習が行われた。17音の文学である俳句に旋律を付けて楽曲を創作するという内容で、授業を担当した教師からは「ボーカロイドを活用することで音楽の得手・不得手に関係なく表現できるようになり、生徒一人一人の可能性が大きく広がったと感じた」との感想が寄せられたという。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気記事