Today's PICK UP

AI通訳機「ポケトーク S」、多言語対応のサポートや技術の普及・啓発ツールとして総務省に採用

ソースネクスト株式会社は、2021年3月31日に、同社の「POCKETALK(ポケトーク) S」が、多言語対応のサポートや技術の普及・啓発等のツールとして、総務省に採用されたと発表した。
「ポケトーク S」は、従来から翻訳エンジンの一部に総務省所管の国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)が開発した多言語音声翻訳技術を採用しており、アジア系の言語をはじめとする言語において、NICTが総務省と連携して運用している「翻訳バンク」によって精度を向上させた翻訳エンジンを活用している。

今回、総務省に提供する「ポケトーク S」は、総務省による国内外での多言語対応のサポートやNICTの開発技術の普及・啓発等に活用することを目的としていることから、NICTの翻訳エンジンを従来以上の重点言語にも活用するなど、一般に販売している製品と一部仕様が異なる製品だ。

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。